本州唯一の、ナベヅル渡来地
特別天然記念物「八代のツル及びその渡来地」

 八代は山口県東、周南市の東部に位置し、四方を連山に囲まれた海抜320mの小盆地である。盆地には水田が開け稲作を中心とした農業が営まれている。
 ツルは毎年10月の下旬に渡来し、この八代で越冬して翌年の3月上旬に生まれ故郷のシベリアへ渡去する。

屋鶴監視所
ツルに危害を加えるものを監視する人の詰所。
ここは観光客のツル見学所でもある。



つるいこいの里交流センター
交流センターには展示室が設けられ、ツルに関する多くの資料が展示してある。

ナベヅルの生態

 ナベヅルは体が灰黒色で、首から上が白く、頭頂が黒く見えるが皮膚は赤色である。身長は約90cm、翼を広げた長さは約180cm、くちばしは10cm、体重は約4kgである。幼鳥の体は茶褐色で首は黄色、つがいは、1羽か2羽つれていることが多い。

ナベヅル 撮影 竹林


撮影 河村


撮影 竹林


飛翔 撮影 竹林

ナベヅルの1日の様子

 ねぐらは山間の湿田にあり、夜明けとともに餌場に出て一日過ごし日暮れとともに入る。餌は稲田の落穂、草の芽や根、畦の昆虫、湿田のドジョウやタニシなどを食べる雑食性である。自然の餌が無くなるともみ、麦やドジョウの給餌も行っている。

ねぐらを目指して 撮影 竹林


採餌しているツル 撮影 竹林

保護のための活動

 毎年秋「ツルを愛する会」を中心に地域内外の人々が協力してねぐらの整備を行っている。また、八代小学校の子供達は、エサまきの手伝いをしたり、ツルの生活をくわしく観察して「つるの日記」を作っている。

ねぐらの整備


子供たちの観察

ツルによせる思い

 明治28年頃、他所者の猟師に撃たれたツルが飛べなくなった。八代の農民・瀬来幸蔵はそのツルを自宅につれて帰り看病したが、死んだので手厚く葬り、自分で墓を刻み裏山に建てた。その後、市に改葬され、それからも八代で死んだツルを葬り、毎年慰霊祭を行っている。

鶴之墓


ツルの慰霊祭

渡来数の減少と保護

 明治からの住民の手厚い保護により、昭和15年には355羽になった。しかし戦中戦後の混乱期から減少しはじめ、平成元年には65羽、14年には12羽の危機的状況になった。保護対策としてデコイによる誘引作戦などが行われている。

ツル誘引のためのデコイ


ナベヅルの家族(右端と左から2番目が幼鳥


昭和30年代100羽以上飛来していた