野鳥が集う瀬戸内海有数の大規模干潟・乃木浜

 関門海峡の東側に位置する乃木浜一帯は、我が国でも代表的な干潟として、瀬戸内海では数少ない大規模な干潟として知られている。木屋川、神田川河口に発達した干潟で、下関長府から山陽町埴生に至る約20kmの海岸線と、最大3mの干満差によって干潟は沖合2kmに達し、干潟面積は754haに及ぶ。この干潟はシギ、チドリ、カモ類の渡来地として貴重な海域となっている。
 以前、亀浜、千鳥浜に見られた塩基湿地は開発によって消滅し、乃木浜は市内に残された数少ない鳥類の生息地として、乃木浜総合公園の一画にヨシ原を中心とした湿地の造成を行い、野鳥公園が作られた。平成11年4月には乃木浜野鳥観察所が開館し、四季折々、野鳥の生態を身近に観察できる施設として、多くの市民に親しまれている。
 乃木浜一帯には干潟、ヨシ原、農耕地など干潟を取りまく多様な環境があり、現在までに33科125種の鳥が確認されている。
 冬枯れした乃木浜も3月に入ると、水辺のヤナギが一斉に芽を吹きはじめる。やがてツバメが姿を見せるようになる。越冬したシギ、チドリ、カモ、カモメ類は群れを大きくして北帰行を始める。
 4月に入ると南からシギ・チドリ類が飛来し干潟は急に賑わいを見せる。ハマシギ、チュウシャクシギ、シロチドリなどの乱舞が見られるのもこの頃である。サギ類、バン、カイツブリ、カルガモ、オオヨシキリ、セッカ、ホオジロ、ホオアカのさえずりに満ちる。ホオアカの低地での繁殖は貴重であり、また、アオサギの地上営巣も珍しく、毎年7〜10巣が確認されている。夏、ヨシ原はスズメ、ツバメのねぐらとなり騒々しい。9月下旬にはツバメは南に渡り、静けさを取り戻す。9月になるとシギ・チドリの渡りが始まり、10月上旬にはヒヨドリの群れが上空を通過する。小鳥類の渡りと前後して、タカ類の渡りが見られるのもこの時期である。
 10月中にはほとんどの夏鳥は南に去り、コガモが姿を見せるようになる。カモメ、カモ類の飛来が本格化すると冬も近い。ヨシ原ではオオジュリン、ツリスガラ、背後の農耕地にはツグミ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ類が群れ、これらの小鳥をねらうノスリ、チュウヒ、オオタカなどが観察される。

乃木浜野鳥観察所 内観


環境教育の場として利用されている

         
           木屋川河口(シギ・チドリ・カモ類が多く見られる)

カルガモ 撮影 藤原


マガモ 撮影 藤原


コガモ 撮影 藤原


カイツブリ 撮影 保井


コチドリ 撮影 藤原


ホオアカ 撮影 藤原


セッカ 撮影 保井


オオヨシキリ 撮影 藤原

         
           チュウシャクシギ 撮影 川元                         ホオジロ 撮影 藤原