3.周南市鹿野長野山  ― 星空の降る山 ―
     鳥相(森林)季節(初夏)  周南市鹿野長野山
概 要

 長野山(標高1015m)は、周南市と玖珂錦町の境界線上に位置する。中国山地の西端にあたり、北から平家ヶ岳、莇ヶ岳、馬糞ヶ岳などに囲まれて、遠くに瀬戸内海が望める。山頂付近は、約70haの丘陵地を生かしたキャンプ場・宿泊施設を備える緑地公園になっている。麓の方は植林が進んでいるが、このあたりが南限と言われるブナの原生林なども残っていて、頂上付近から尾根伝いに平家伝説で名高い馬糞ヶ岳に続いている。
探 鳥

 自家用車で山頂まで行くことができ、キャンプ場、ロッジもあるので、夜と早朝の探鳥が容易である。頂上付近では、ウグイス、カラ類、ホトトギス類、コゲラ、クロツグミ、トラツグミ、アオバトなどの他、夕刻から夜間にかけてヨタカ、ジュウイチ等の鳴き声を聞くことができる。
 ロッジから遊歩道を南に歩いていくとブナの原生林に至る。樹齢約100年、高さ約20mの大木がうっそうと茂り、林の中でカラ類やホトトギス類などの声や姿に出会える。頂上から尾根筋を南に向かうと馬糞ヶ岳に至るが、藪こぎが多く一般向きではない。途中、赤滝を通り五万堂渓谷に降りるコースもある。長野山の8合目付近からは木谷峡に降りる県道があり、オオルリなどの渓谷周辺の野鳥を楽しむことができる。


      周南市 鹿野長野山


      ←→探鳥コース ポイント
初夏に観察できる種
トビ・サシバヤマドリ・アオバト・ジュウイチカッコウ・ツツドリ・ホトトギス・コノハズクアオバズクヨタカ・アオゲラ・アカゲラ・コゲラ・キセキレイ・ヒヨドリ・モズ・トラツグミクロツグミ・ヤブサメ・ウグイス・メボソムシクイ・オオルリ・エナガ・コガラヒガラ・ヤマガラ・シジュウカラ・ゴジュウカラ・メジロ・ホオジロ・カワラヒワ・イカル・カケス・ハシブトガラス

※リンクをクリックすると、レッドデータブックやまぐちの該当種のページが別ウィンドウで開きます。