11.小野田市江汐公園  ― ツツジの花咲く湖 ―
     鳥相(公園・水鳥)季節(初夏)  小野田市江汐公園
概 要

 江汐公園は小野田市北部の丘陵地帯にあり、江汐湖を中心にした総面積146haの公園である。周辺には溜池が多くあり、その多くは森林で囲まれているが、江汐湖のその一つとして寛文12年(1672)に造られ、小野田市が整備して昭和39年(1964)に開園した。春には、5万本のミツバツツジが見事に咲き、あじさい園やバラ苑なども整備されている。
探 鳥

 年間約80種類の野鳥が観察されており、公園北部が自然観察に適している。管理棟付近に、「ドングリの森」、「さくらの森」があり、カラ類やホオジロ、コゲラ、ウグイス、ヒヨドリなどが生息する。夏はオオルリ、ホトトギス類などが、冬はアトリ、シロハラなどが加わる。湖ではカイツブリ、カルガモ、カワセミが見られる。冬はオシドリ、マガモ、カンムリカイツブリなどが飛来する。散策路が整備されており、公園内を1周する周回路に従って、湿地ゾーン、野鳥の森(野鳥の観察路)、あじさい園をめぐる約2時間のコースもある。毎年ミツバツツジの咲く4月下旬にはツツジ祭りが開かれる。

      小野田市 江汐公園


      ←→探鳥コース ポイント
初夏に観察できる種
カイツブリ・カワウ・ダイサギ・チョウサギ・アオサギ・オシドリ・マガモ・カルガモ・コガモ・ミサゴ・トビ・ノスリハヤブサ・キジ・キジバト・アオバト・ホトトギス・カワセミ・アオゲラ・コゲラ・ツバメ・コシアカツバメ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・ビンズイ・ヒヨドリ・モズ・ミソサザイ・ルリビタキ・ジョウビタキ・シロハラ・ツグミ・ウグイス・キクイタダキ・キビタキ・オオルリ・エゾビタキ・エナガ・ヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・ホオジロ・カシラダカ・ミヤマホオジロ・アオジ・クロジ・アトリ・カワラヒワ・ベニヒワ・オオマシコ・ベニマシコ・ウソ・イカル・スズメ・ムクドリ・カケス・ハシボソガラス・ハシブトガラス・コジュケイ

※リンクをクリックすると、レッドデータブックやまぐちの該当種のページが別ウィンドウで開きます。