レッドデータブックやまぐち
| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類維管束植物 | コケ植物 |
 
山口県の陸・淡水産貝類の概要

 山口県は本州の最西端に位置しており、南は九州、北は対馬海峡を挟んで朝鮮半島と対峙している。県内の地形は、標高200mまでの丘陵と200mから700mまでの低山地が大部分であり、1000m前後の山地は東部において島根県や広島県の県境付近(西中国山地)の西端が占めているにすぎない。また、地質的には陸産貝類の生息にとって好条件とはいえない花崗岩質の地域が多いために、県内における貝類相(特に陸産貝類)は豊富とは言い難い。その中にあって、本県の中央部には日本有数のカルスト地形の秋吉台があり、かつて黒田(1954)が “秋吉台は石灰岩地帯の名に反かない” と記述したように、県内の他の場所と比べても多くの陸産貝類が生息していることが実証されている。しかし、全国の石灰岩地帯ではしばしば固有種(特産種)が知られているが、残念ながら秋吉台からは固有種(洞窟内の淡水産貝類を除いて)は見つかっていない。
 本県の貝類研究(陸産・淡水産)は、古くから県内在住の研究者、または本県出身の研究者によって推し進められており、現在も積極的に行われている。過去には瀧川昇平(1876〜1943)、多田武一(1899〜1986)、河本卓介(1900〜1968)らの活躍によって、本県が模式産地となっている陸産貝類(8種)と淡水産貝類(1種)が知られていることも特筆に値する。先にも記したが秋吉台の固有種が見られないが、県下的にみればこれらの種はほぼ本県の固有種である。これらは各項目の(陸産・淡水産)の所で解説したい。
 1995年、本県において 「山口県の貴重な野生生物」 が刊行された。この冊子の刊行は県別レッドデータブックの先駆け的な刊行物であって、この時点で全国的にも例を見ない事業であったと思われる。この冊子では、種々な基準をもって県内産貝類の中から陸産貝類29種、淡水産貝類10種を選定している。一方、今回の新たな山口県レッドデータブック作成にあたり、県下において実地調査をした結果と文献調査によって本県産の陸産貝類を122種、淡水産貝類を38種確認した。そしてそれらの種の分布・生息状況等を把握しつつ、環境省のカテゴリー(環境省,1997)を基準として、絶滅のおそれのある陸産貝類28種(選定率22.9%)、淡水産貝類12種(選定率31.5%)を選定した。

 
 【陸産貝類】
 本県の陸産貝類相は大別して(1)九州系、(2)中国山地系、(3)広域分布系、(4)本県固有系の4系統に分けられる。
  「絶滅」 と判定した種類はないが、5種を 「絶滅危惧TA類」 として選定した。サドヤマトガイは学名・和名の通り、新潟県佐渡島が模式産地で関東以南〜九州北部に分布しており、自然度の高い森林下に稀産である。本県では河本・田邊(1956)や藤原(1990)の記録のほか、県東部でしか確認されていない。ホラアナゴマオカチグサガイは本州から琉球列島の広い範囲に分布しており、石灰岩洞の湿った壁面に生息する真洞窟性の微小な陸産貝類である。本県では秋芳洞、タヌキ穴など多くの洞窟から記録されている(伊藤,1967ほか)。しかし、観光洞になった所では洞内の乾燥化などで生息個体数が激減してきている。ハンジロギセルは島根県、広島県の山岳地帯に分布する樹上性のキセルガイであるが、本県での生息確認は土田ほか(1978)が最初であったものの、今日でも県内の他からは記録がない。タダムシオイガイ、ミシマヒメベッコウはともに萩市見島が模式産地であるとともに固有種である。見島のこれらの種は生息範囲が極めて狭くて、生息環境の悪化によって絶滅が最も危惧されるので 「絶滅危惧TA類」 に選定した。なお、分布系統からハンジロギセルは中国山地系、サドヤマトガイとホラアナゴマオカチグサは広域分布系、タダムシオイガイとミシマヒメベッコウは本県固有系である。
  「絶滅危惧TB類」 にはイトウムシオイガイなど7種を選定した。イトウムシオイガイはムシオイガイ科貝類の中で、奇形と思われるほどの形態をしている。岡山県、広島県での分布が既知であったが、島根県西部や本県の福栄村、川上村から近年確認された。また四国(愛媛県高縄半島)でも知られたものの、どの分布地においても寡産である。この種に近似した別亜種・ヤサガタイトウムシオイガイは萩市笠山を模式産地として記載され、他に周辺の肥島などからも確認された。ホソヒメギセルは全国的には広域分布するが、森林域に生息するために環境の悪化によって分布地域では個体数の減少が著しい。本県では3ヵ所のみで確認されている。本県が模式産地(錦町寂地山)になっている稀種・カワリダネビロウドマイマイは、本来この仲間に通常見られる生殖器の陰茎付属肢を欠くことを最大の識別点として新種として記載された。学名・silvaticusはその生息地は山地性の森林域だったことから命名されたことと、和名の 「カワリダネ」 は生殖器が類似種に比べて際だった特徴をもっていたことを理由による。環境の変化による絶滅が危惧される種類である。日置町や豊北町など日本海側海岸地域のハマオモトの根元などで確認された微小なサナギガイ は、わが国でも確認地域が少ない種類で、山下・福田(1996)によって詳細に報告された。オオケマイマイは本州の関東以西から中国東部、四国東部に最も普通に見られる広域分布系種であるが、本県では5市町村からしか記録がなく、しかも個体数が少ない。萩市を模式産地とするリシケオトメマイマイは、萩市とその周辺島嶼に限って生息するが、近年はその生息環境の悪化によって激減してきている。
  「絶滅危惧U類」 はヤマキゴサを含めて6種を選定した。その内のヤマキサゴ、ヒダリマキゴマガイ、ヒロクチコギセル、コオオベソマイマイはわが国では広く分布している種類(先に広域分布形とした)だが、本県においては極めて生息の確認が少なく、環境省(2002)の 「動物分布調査報告書」 においても情報量が少ない。本邦を代表する陸産貝類といえば、大形のマイマイ属がある。本県ではこのマイマイ属の6種が分布していて、その分布系統に興味がある。 「絶滅危惧U類」 に選定をしたイズモマイマイとダイセンニシキマイマイとはともに萩市から阿武郡以東に分布する中国山地系の種類である。特にダイセンニシキマイマイは本県ではイズモマイマイよりも分布域が狭く、北東部の山岳地帯に限られる。
 「準絶滅危惧」に指定をしたのはベニゴマオカタニシなど7種で、いずれもが全国的に、または県下的に分布域が広い。しかし環境の変化等によって個体数が少なくなり存続の基盤が脆弱な種類である。ベニゴマオカタニシとクチマガリスナガイは全国的にも石灰岩地帯のみに郡生する好石灰岩性の微小な陸産貝類で、秋吉台の石灰岩地でも以前に比べて生息状況が悪くなってきている。カワモトギセルは本県の高名な貝類研究者である(故)河本卓介に因んで学名と和名がつけられた本県の代表的なキセルガイ科貝類である。模式産地が岩国市城山で、ここの個体は模式型(殻口緑に刻みが確認される個体)である が、秋吉台や寂地山からの個体はこの殻口縁の刻みが弱くなる個体に変異する。本種は、福岡県や大分県でも確認されている。県中央部から西部に分布するタキカワオオベソマイマイは生息密度が低い上に個体数が少ない種類である。
  「情報不足」 としてオオコウラナベクジ、コビトオオベソマイマイ、イワミマイマイの3種を選定した。いずれもが確認された個体数が極めて少ない種類で、評価するための資料が不足している。この中でコビトオオベソマイマイは黒田、河本(1956)によって柳井市後地を模式産地として記載された。しかし、土田ほか(1991)が考察したように今日まで再採取が行われていないので、絶滅(?)という可能性もあるが安易に断定することは出来ない。イワミマイマイは島根県から広島県の山岳地に生息して、その分布域の一部が本県の北東部山岳地帯に達している。
 
 【淡水産貝類】
  「絶滅」 と判断したのはカワシンジュガイである。本種は世界的にも遺存的分布をしていて生物地理学的にも名高い寒帯系二枚貝で、山間地にある清流の砂礫の間に後部を上にして立って生息する。本県においては、河本(1928a、b)によって報告され、当時は本種の最南端生息地として話題になった。しかし、その生息地は自然災害や河川の改修等により、その後生息が確認されず、今日では絶滅をしたと判断した。同じ中国山地の広島県北東部ではではかろうじて生息している。
  「絶滅危惧TA類」 としてはオオタニシ、フネドブガイの2種を選定した。オオタニシは殻高70mmになり、日本の淡水産巻き貝では最大となる。東北以南に広く分布し、本県でも広く分布するが近年は水質の悪化等によって個体数が減少してきている。波部、増野(1991)によって山口県阿武町のため池から日本新記録として報告されたフネドブガイは池の環境変化や水質の悪化によって絶滅が危惧されている。本種はその後、若狭三方湖からも記録されていることが報告された(山下・波部,1993)が、近年は近藤(2002)によると本州の各地から記録されてきている。
  「絶滅危惧U類」 はアキヨシミジンツボなど6種が選定された。属名(Akiyoshia)に 「秋吉」 を冠するアキヨシミジンツボは、洞窟の奥深い闇の地下水系に生息する盲目の微小な巻き貝である。模式山地は秋芳洞。環境省(2002)の 「動物分布調査報告書」 では九州(福岡、長崎、大分、宮崎)からの情報が多いが、真のアキヨシミジンツボかどうか検討の余地があるように思われる。ちなみに環境省(2002)では本県から2件の情報が寄せられた。ヒメマルマメタニシは瀬戸内海周辺と九州に分布するが、本県では徳地町島地の記録(福田,1990)を始め、2〜3箇所からの記録があるのみである。クルマヒラマキガイは関西から八重山諸島まで不連続的に分布している。本県においてはその分布は瀬戸内海側に限定さ れ、かつ局所的である。そして生息地がため池、水田、用水路であるために、護岸改修、ほ場整備などによって生息環境が年々悪化してきているので絶滅が危惧される。マツカサガイ、ニセマツカサガイ、イシガイのイシガイ科の二枚貝は、ほぼ全国的に分布をする広域分布系の種類である。しかし、本県での生息記録が極めて少ない。詳細な調査によって過去の記録による再確認と生息環境の保全に努めなければならないと思われる。
  「準絶滅危惧」 のホラアナミジンニナは紀伊半島から山口県、四国、九州北部に分布する微小な淡水巻き貝である。和名のごとく 「ホラアナ」 と命名されているように四国の龍河洞で最初に見つかったが、その後、先に示した地域の山間地域の細流でも見つかって、2〜3の名前が付けられた。かつて秋吉台の大久保平の出水穴からの個体はアキヨシホラアナミジンニナと命名されたが、今日ではホラアナミジンニナの同物異名とされている。本県では比較的広く分布する。
  「情報不足」 としては、カラスガイおよびカタハガイの2種を選定した。カラスガイは、本県では過去に3例ほどしか記録がなく、現在ではその生息状況については不明で、絶滅(?)という封印を示すことが適当ではなく、今後において精密な調査と情報収集が必要であ る。また、カタハガイは山口市内のため池からの1例のみの記録である。

(湊  宏)


( 凡 例 )

1 選定及び執筆分担
湊    宏
・・選定・執筆・文献の総括、概要
河上  勲
・・陸産(タダムシオイガイ、ミシマヒメベッコウ、ヤサガタイトウムシオイガイ、リ  シケオトメマイマイ、ヤマキサゴ)
杉村智幸

・・淡水産(カワシンジュガイ、オオタニシ、フネドブガイ、アキヨシミジンツボ、ヒメ マルマメタニシ、クルマヒラマキガイ、マツカサガイ、ニセマツカサガイ、 イシガイ、 ホラアナミジンニナ、カラスガイ、カタハガイ)

藤原廣治
・・陸産(サドヤマトガイ、ハンジロギセル、カワリダネビロウドマイマイ、カワモト ギセル、イワミマイマイ)
増野和幸
・・陸産(ホラアナゴマオカチグサガイ、イトウムシオイガイ、サナギガイ、ホソヒメ ギセル、オオケマイマイ、ヒダリマキゴマガイ、ヒロクチコギセル、コオオベソ マイマイ、イズモマイマイ、ダイセンニシキマイマイ、ベニゴマオカタニシ、ア ズキガイ、クチマガリスナガイ、キセルガイモドキ、モリヤギセル、タキカワオ オベソマイマイ、オオコウラナメクジ、コビトオオベソマイマイ)

2 分布図について
    選定種の一部について、県内における分布状況を別途分布図に示した。
    なお、分布情報の収集等には、中村康弘(宇部市)、伊藤賢司(下松市)両氏の協力を得た。

もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ植物 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。