レッドデータブックやまぐち
| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類 | クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ植物 |

 
昆虫類参考文献

トンボ目

伴 一利 (1998) 大島郡東和町で採集した珍しいトンボ. ちょうしゅう (10):7-8.

原  隆 (1994) 宇部市におけるトンボの採集と観察. 山口県の自然 (54):18-24.

原  隆 (1995) 宇部市におけるトンボの採集と観察(第2報). 山口県の自然 (55):37-38.

原  隆 (1996) 山口県におけるヒヌマイトトンボの生態調査. 山口県の自然 (56):27-32.

原  隆 (1997) 山口県宇部市のヒヌマイトトンボ. TOMBO 40:21-24.

原  隆 (1999) 宇部市におけるトンボの採集と観察(第4報). 山口県の自然 (59):23-24.

平田真二 (1993) 宇部丘陵におけるトンボ相報告<第1報>. 山口県の自然 (53):29-36.

久重克己 (1988) 光市でネアカヨシヤンマとアオヤンマを採集. ちょうしゅう (2):22.

久重克己 (1993) キイロヤマトンボを光市で採集. ちょうしゅう (7):1.

池田 寛 (1968) 山口市におけるベッコウトンボの生態. 山口県の自然 (19):23-28.

池田 寛 (1988) トンボ目. 山口県の昆虫, 197pp., 7-15. 山口県立山口博物館, 山口.

紙村 尚 (1969) 徳山市におけるマルタンヤンマの観察と飼育.山口の生物148-151.山口県生物教育研究会(編).

三時輝久・平田真二 (1997) ベッコウトンボの移動習性. 昆虫と自然 32(7):27-32.

大木克彦 (1997) 山口県におけるグンバイトンボの採集記録. 山口県の自然 (57):40.

沢野十蔵・池田 寛 (1965a) コフキヒメイトトンボを山口市で発見. TOMBO 7(3/4):27.

沢野十蔵・池田 寛 (1965b) 山口県下のコフキヒメイトトンボの新産地とその生態. TOMBO 8(1/4):18-22.

 
バッタ目

浜口哲一・酒井春彦 (1995) 特別展図録「鳴く虫・はねる虫―湘南の直翅類―」. 52pp., 平塚市博物館,平塚.

日浦 勇 (1977) 直翅目. pp.55-81,pls.20-25. 伊藤修四郎他(編). 原色日本昆虫図鑑(下). 保育社, 大阪.

細井孝昭 (1991) 山口県ミトキのササキリモドキ発見レポート 付録1(オオオカメ). ばったりぎす (91):1-3.

Ichikawa, A.(1987) A new species of Goniogryllus Chopard, with taxonomic coment on the genus (Orthoptera: Gryllidae). Akitu(N.S.) (86):1-10.

Kano,Y. et al. (1999) Japanease brachypterous Meconematinae (Orthoptera, Tettigoniidae).Tettigonia 1(2):1-81.

松浦一郎 (1985) オカメコオロギ属(Loxoblemmus:Orthoptera)の1新種. New Entomologist 34(1/2):11-13.

三時輝久 (1988) 直翅目. pp.19-23,66-68,pls.7-8. 山口県立山口博物館編. 山口県の昆虫. 山口県立山口博物館,山口.

宮武頼夫・加納康嗣 (1992) 検索入門 セミ・バッタ. 216pp. 保育社, 大阪.

大塚 勲 (1984) ハネナシコオロギの熊本県における産地. ばったりぎす (59):1858.

佐古正彦 (1954) 山口県産直翅類目録. 山口生物 2(1):20-29.

下野誠之 (1994) 錦川でカワラバッタを採集. 山口県の自然 (54):28.

和田一郎 (1992) ハネナシコオロギの出現期. ばったりぎす (94):17.


カメムシ目

伴 一利 (2000) ヒメハルゼミ大島郡での採集記録. ちょうしゅう (12): 22.

Esaki, T. & S. Miyamoto (1959) Veliidae of Japan and its Adjacent Territory (Hemiptera- Heteroptera) II. Xiphovelia Lundblad. Sieboldia 2(2): 83-161.

後藤和夫 (2000) 華山で採集したヒメハルゼミ. 北九州の昆蟲 47(1):41.

林 正美 (1989) 日本産セミの分布調査報告書(1) -アブラゼミ属, エゾゼミ属-. Cicada 8(1):1-27.

林 正美(1990)日本産セミの分布調査報告(2)-ハルゼミ属,ヒメハルゼミ属,ヒグラシ属,タイワンヒグラシ属,ミンミンゼミ属-. Cicada 9(1/2/3):1-47.

林 正美(2001) 最近のイドアメンボ採集記録. Rostria(50):51-53.

林 正美・碓井 徹(1990) 埼玉県におけるアメンボ4種の記録. Rostria (40):657-661.

Hayashi, M. & S. Miyamoto (1997) Rediscovery of Asclepios shiranui (Heteroptera, Gerridae) from Northern Kyushu, Japan. Jpn. J. Ent. 65(2):438-439.

日浦 勇 (1977) カメムシ目(半翅目)カメムシ亜目(異翅亜目)Heteroptera. pp. 95-129, pls. 27-33. 伊藤修四郎・奥谷禎一・日浦 勇(編). 原色日本昆虫図鑑(下). 保育社, 大阪.

池田一喜 (1992) 山口県徳山市管野ダムにてタガメを採集. ちょうしゅう (5):3.

石原 保 (1965) 半翅類 Hemiptera. pp. 109-136, pls. 55-68. 安松京三・朝比奈正二郎・石
原 保(編). 原色昆虫大図鑑第3巻. 北隆館, 東京.

小西 寛 (1992) 県内のタガメに関する一知見について. ちょうしゅう (5):3-4.

Lundblad, O. (1933) Wasserhemipteren, wahrend der Kolthoffschen Expedition nach China gesammelt. Ent. Tidskr. 54:249-280.

三宅貞敏 (1963) ヒメハルゼミの新産地. 山口生物 4(1):6.

宮本正一 (1960) イトアメンボは普通種でなくなっている (Hem.:Hydrometridae). Pulex (25): 99.

宮本正一 (1961) 日本昆虫分類図説, 第1集・第3部, 半翅目アメンボ科. ii+40pp. 北隆館, 東京.

宮本正一 (1963) 広島県産水棲カメムシ類 Amphibiocorisae の既知種と追加できそうな種類. 広島虫の会々報 (2): 35-36.

宮本正一 (1965) 半翅類 Hemiptera. pp. 75-108, pls. 38-54. 安松京三・朝比奈正二郎・石原 保(編). 原色昆虫大図鑑第3巻. 北隆館, 東京.

宮武頼夫 (1977) カメムシ目(半翅目)ヨコバイ亜目(同翅亜目)Homoptera. pp. 130-174, pls. 34-40. 伊藤修四郎・奥谷禎一・日浦 勇(編). 原色日本昆虫図鑑(下). 保育社, 大阪.

三好和雄 (1957) 山口県下周防部のカメムシ類に就いて(2). 山口生物 3(2): 3-6.

三好和雄 (1966) 大島における昆虫採集記録. 山口県の自然 (16):34-37.

三好和雄 (1975) 美和町の昆虫相について(その一). 山口県の自然 (33):22-35.

三好和雄 (1987) 山口県のカメムシ類について III. 昆虫と自然 22(10):32-35.

三好和雄 (1994) 光市産昆虫目録. 82+11pp. 自刊, 光.

三好和雄 (1997) 続光市産昆虫目録. 22+4pp. 自刊, 光.

三好和雄・三時輝久 (1995) 昆虫類. pp.95-112. 山口県野生生物保全対策検討委員会(編). 山口県の貴重な野生生物. 山口県, 山口.

椋木博昭・田中 馨 (1999) ヒメハルゼミが水銀灯に飛来. ちょうしゅう (11):27.

大木克行 (1996) 山口県におけるチッチゼミの記録とその生息環境. 山口県の自然 (56):33-34.

大木克行 (1999) 山口県とその近県におけるセミ・アメンボ類および大型水生半翅類の記録. ちょうしゅう (11): 31-34.

大木克行 (2000a) キュウシュウエゾゼミを山口県で採集(付. 山口県からのエゾゼミの記録). Cicada 15: 21-22.

大木克行 (2000b) 山口県におけるケシウミアメンボの採集記録. 山口県の自然 (60):27-28.

大木克行 (2001a) 山口県におけるイトアメンボの産地および同所で得られた水生・半翅類. Rostria (50):43-46.

大木克行 (2001b) オヨギカタビロアメンボの新産地. Rostria (50):47-48.

大木克行(2002) 山口県から未記録の同翅類32種. 山口県の自然 (62):21-28.

大木克行・三時輝久 (1995) 山口県の水生半翅類. 山口県立博物館研究報告 (21):21-34.

大木克行・三時輝久 (2001) 山口県のアメンボ類の分布資料と生息環境. 山口県立博物館研究報告 (27):1-14.

島根県環境生活部景観自然課(編) (1997) しまねレッドデータブック 島根県の保護上重要な野生動植物 動物(編). 418pp. 島根県, 松江.

末永政彦 (1979) 秋吉台のセミの分類および生態の研究. pp.58-60. 秋吉台の動物植物. 山口.

田中市郎 (1950) 中国では最初の「姫ハルゼミ」を萩で捕獲. pp.45-46. 萩文化叢書 第二巻 珍魚の誉. 山口.

安田正利 (1993) 島根県六日市町でタガメを採集. ちょうしゅう (6): 2.

山口県立山口博物館(編) (1988) 山口県の昆虫. 197pp., 32pls. 山口県立山口博物館, 山口.


コウチュウ目
 
足立一夫 (1972) クロソンホソハナカミキリの食樹について. 月刊むし (21):26

足立一夫 (1976a) モンクロベニ遂にそのベールを脱ぐ−山口県十種ケ峰でコナラ材中より成虫を採集. カミキリニュース九州版 9(18):30.

足立一夫 (1976b) モンクロベニ採集合戦ナノダ. カミキリニュース九州版 9(19):73.

足立一夫 (1985) 山口県野道山のフタスジカタビロハナカミキリについて. 北九州の昆蟲 32(2):114

足立一夫 (1988) ジュウモンジニセリンゴカミキリの本州の採集例. 月刊むし (205):38.

秋山美文 (1998) ウエットランド得られた甲虫. 広島虫の会会報 (37):14.

荒谷邦雄・大淵武広 (1993) 日本産クワガタムシの生活史(4)チビクワガタ属について(1). 昆虫と自然 28(13):43−47

荒谷邦雄・大淵武広 (1994) 日本産クワガタムシの生活史(4)チビクワガタ属について(2). 昆虫と自然 29(5):28−32

芦田 久 (1991) 兵庫県におけるジュニホシナガクチキの記録. 月刊むし (239):39.

榎戸良裕 (1991) ハンミョウ類観察と採集のポイント. 昆虫と自然 26(10):16−21.

藤田 宏 (1972) 御蔵島(伊豆諸島)にマメクワガタ産す. 月刊むし (20):31

藤田 宏 (1982) 日本のルリクワガタ属(2). 月刊むし (138):10−16.

藤田 宏 (1986) 山梨県韮崎市のアカマダラコガネ. 月刊むし (186):35.

福田 彰 (1975) シロネハムシの新北限地. 昆虫と自然 10(2):28.

郷 遠 (1977) Necydalisの生態に就いて. 北九州の昆蟲 24(1):1−10.

Habu, A. (1977) Two new species of ground beetles from Honshu, Japan. Ent. Rev. Japan 30(1/2):35−40.

春沢圭太郎 (1998) フン虫研究の方法から. 昆虫と自然 33(13):6−10.

林 匡夫・森本桂・木元新作 (1985) 原色日本甲虫図鑑IV. 438pp. 保育社, 大阪.

比婆科学教育振興会 (1997) コウチュウ目. 広島県昆虫誌I・II. pp. 195−557. 広島県昆虫誌刊行会, 広島.

日暮卓志 (1998) 鳥取市におけるコカブトムシの採集例. すかしば (46):64.

広島県 (1995) 昆虫類・クモ類. pp. 157−195. 広島県の絶滅のおそれのある野生生物. 野生動植物, 広島.

平田信夫 (1995) 岡山県のモンクロベニカミキリ. 北九州の昆蟲 42(2):103−104.

平野幸彦 (1977) ジュウシホシクビナガハムシ山中湖にてキジカクシより採集. 昆虫と自然 12(1):13.

平嶋義宏監修 (1989) コウチュウ目. pp. 197−588. 九州大学農学部昆虫学教室・日本野生生物研究センター共編. 日本産昆虫総目録I・II. 九州大学, 福岡.

本多英文 (1968) 山口県寂地山彙のカミキリムシ追記. 山口県の自然 19(9):29−31.

穂積俊文 (1974) ヨシの葉に集まるテントウムシとカッコウムシ. 昆虫と自然 9(14):4.

穂積俊文 (1979) 天牛分布あれこれ. 昆虫と自然 14(14):2−9.

穂積俊文 (1981) 天牛分布あれこれII. 昆虫と自然 16(10):8−10.

穂積俊文 (1985) ホヅミカッコウムシ. 月刊むし (174):1.

穂積俊文 (1990) オオツノハネカクシの新産地. 月刊むし (235):38.

市川敏之 (1986) オオクワガタについて. 月刊むし (185):4−6.

井手定雄 (1966) ヤスマツケシタマムシの新食草. 北九州の昆蟲 12(3):70.

井手芳郎 (1980) 春の船平山を訪れて. 北九州の昆蟲 27(3):112.

池田 寛 (1966) 鞘翅目. pp. 89−92. 西中国山地国定公園候補地学術調査報告書・寂地山彙の昆虫. 山口県, 山口.

池田 寛 (1967) 徳地町長者ケ原盛夏の昆虫. 山口県の自然 (17):23−25.

池田 寛・松田 賢・岡本 生 (1998) 佐波川の注目すべき陸上昆虫. 山口県の自然 (58):29−30.

今坂正一・越智輝雄 (1980) 九州におけるコガネムシ主科の分布表. 北九州の昆蟲 26(3):120−121.

井上 寿 (1982) 北海道から未記録のドウイロハマベゴミムシについて. 昆虫と自然 17(2):32.

井上 寿・花田 勉 (1979) ダイミョウアトキリゴミムシの光走性. 昆虫と自然 14(14):21.

石田正明 (1976) 伊豆・新島のコガネムシ主科について. 月刊むし (66):8.

石田正明 (1978) トウキョウヒメハンミョウの分布東限. 月刊むし (83):30.

石田正明 (1981) ウスキイロコガネとその近似種について. 北九州の昆蟲 28(2):87−91.

石田正明 (1991) 高い山にもいるコガネムシ類. 昆虫と自然 26(13):13.

石田正明・伊藤敏仁 (1976) 伊豆・新島のコガネムシ主科について(II) 月刊むし (66):8

磯野昌弘 (1979) ジュウシホシクビナガハムシ日本海沿岸に産す. 昆虫と自然 14(4):35.

伊藤 智 (1994) 北海道におけるアカマダラコガネの初記録. 月刊むし (278):35.

伊藤芳教 (1992a) ミツノエンマコガネを木曾川河川敷で採集. 月刊むし (261):39.

伊藤芳教 (1992b) ミツノエンマコガネの外部形態による雌雄の区別法. 月刊むし (262):23−24.

岩崎利夫 (1976) 甲虫類. pp. 222−226. 岩国の自然. 岩国市教育委員会, 山口.

岩田隆太郎・榊原陽一 (1992) ヒゲジロホソコバネカミキリも大木のウロに関係か?. 月刊むし (260): 30−31.

和泉敦夫 (1995) 東京都におけるクロサヒラタアトキリゴミムシの記録. 月刊むし (298):14.

環境庁 (1991) 昆虫類. pp. 29−116. 日本の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータブック)無脊椎動物編. 財団法人自然環境研究センター, 東京.

加藤敦史 (1991) 奈良県南部で得られたクビアカモモブトホソカミキリ。 月刊むし (242):36

河北 均 (1983) 鳥取県伯耆大山でオオダイセマダラコガネを採集. 月刊むし (154):4.

城戸克哉 (1978a) 秋にコカブトムシを採集. 北九州の昆蟲 25(1):26.

城戸克哉 (1978b) 福岡県宗像郡城山産鞘翅目目録V. 北九州の昆蟲 25(29:108.

城戸克哉 (1989) 福岡県で採集した甲虫類(4). 北九州の昆蟲 36(3):162.

木元新作 (1985) 検索表による日本のハムシ類(I). 昆虫と自然 20(6):4.

木元新作・滝沢春雄 (1994) 日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説. 539pp. 東海大学出版会, 東京.

近畿オサムシ研究グループ (1987) 中国地方のオサムシ分布資料. すかしば (28):1−14.

記野直人・長谷川洋 (1995) ヤマトヒメメダカカッコウムシの記録. 月刊むし (298):16

北村英忠 (1984) 山口県徳佐地方のカミキリ採集品目録追加(1984). 北九州の昆蟲 31(3):138.

北村英忠 (1986a) 山口県徳佐地方のカミキリ採集品目録(1985). 北九州の昆蟲 33(1):49.

北村英忠 (1986b) 山口県徳佐地方で採集したタマムシ3種. 北九州の昆蟲 33(1):52.

北村英忠 (1988a) 福岡県平尾台でクビアカナガクチキムシを採集. 月刊むし (214):22.

北村英忠 (1988b) 山口県でチャイロホソヒラタカミキリを採集. 月刊むし (213):39.

小池 寛 (2000) 新潟県初記録のカッコウムシ2種 月刊むし (354):45.

小島啓史 (1998) 日本産オオクワガタ属の飼育法. インセクタリウム (11):20−24.

小阪敏和 (1995) 広島県のオトシブミ. 広島虫の会会報 (34):31.

小阪敏和 (1998) 広島県の甲虫25種. 広島虫の会会報 (37):41−42.

小阪敏和・中崎清隆・秋山美文 (1997) 広島県産オオキノコムシ科. 広島虫の会会報 (36):25.

黒川誠治 (1979) 伊豆大島におけるセアカオサムシの記録. 月刊むし (104):44.

黒子 浩 (1978) ヤスマツケシタマムシの生活史. 北九州の昆蟲 25(2):85−86.

黒澤良彦・久松定成・佐々治寛之 (1985) 原色日本甲虫図鑑III. 500pp. 保育社, 大阪.

楠井善久 (1998) トウキョウヒメハンミョウを長崎県の離島で採集. 月刊むし (331):39.

益本仁雄 (1973) フン虫の採集と観察. 95pp. ニューサイエンス社, 東京.

松田勝毅 (1985) 1984年度のコブトリ採集記. 北九州の昆蟲 32(1):13−14.

松田勝毅 (1990) キイロホソツツシンクイを狗留孫山で採集する. 北九州の昆蟲 37(3):146.

松田勝毅 (1993a) コカブトムシを福智山麓で採集. 北九州の昆蟲 40(1):38.

松田勝毅 (1993b) 山口県狗留孫山で採集した天牛類. 北九州の昆蟲 40(1):96.

松本行史 (1987) トウキョウヒメハンミョウの生活環と夏眠. 昆虫と自然 22(2):11−14.

松永善明 (1988a) 山口県で採集した象鼻虫及び天牛. すかしば (30):11−17.

松永善明 (1988b) 山口県でマメクワガタを採集. 月刊むし (214):17.

松永善明 (1991) 下関市及び近郊で採集及び目撃した面白い甲虫・蝶・トンボなど数種に就いて. ちょうしゅう (5):6−7.

松永善明 (1995) 山口県(主として下関)で採集した甲虫II. ちょうしゅう (9):6−12.

松崎有光・田添京二 (1988) アオマダラタマムシの北限記録. 月刊むし (214):13.

三宅義一 (1980) コブヤハズカミキリ類の分化と分布. 北九州の昆蟲 27(2):77−81.

三好和雄 (1954) 滑採集記. 山口生物 (4):13−19.

三好和雄 (1959) 山口県の昆虫相瞥見. 山口県の自然 (1):18−20.

三好和雄 (1961) 冠山の昆虫相II鞘翅目. 山口県の自然 (5):11−18.

三好和雄 (1964) 吉見における昆虫採集目録. 山口県の自然 (12):21.

三好和雄 (1965a) 山口県産天牛目録. 山口県の自然 (14):12−17.

三好和雄 (1965b) 萩市における昆虫採集目録. 山口県の自然 (14):38.

三好和雄 (1966) 山口県産金花虫科目録. 山口県の自然 (15):12−16.

三好和雄 (1967) 山口県下のセンチコガネ科及びコガネ科昆虫目録. 山口県の自然 (17):26−29.

三好和雄 (1972) 山口県のカミキリ. 月刊むし (15):10−14.

三好和雄 (1976) 美和町の昆虫相について(3)鞘翅目. 山口県の自然 (35):27−40.

三好和雄 (1994) 光市産昆虫目録. 自刊, 光.

三好和雄 (1997) 続光市産昆虫目録. 自刊, 光.

三好和雄 (1995) クロソンホソハナカミキリの山口県での採集記録の経緯. 昆虫と自然 30(14):14−15.

三好和雄 (1996) ハラアカコブカミキリとフタスジカタビロハナカミキリ. 月刊むし (301):1.

三好和雄・三時輝久 (1995) 昆虫類. pp. 95−112. 山口県の貴重な野生生物. 山口県野生生物保全対策検討委員会(編), 山口.

水城利光 (1990) 福岡県におけるオオツノハネカクシの記録. 月刊むし, (238):12.

水野篤弘・芦田 久 (1998) 種子島におけるヨドシロヘリハンミョウの第2の産地. 月刊むし (330):51.

水野弘造 (1992a) ナガクチキムシ漫談(4)九州産ナガクチキムシの記録と解説2. 北九州の昆蟲 39(1) :36−37.

水野弘造 (1992b) ナガクチキムシ漫談(4)九州産ナガクチキムシの記録と解説3. 北九州の昆蟲 39(2) :91.

水野弘造 (1997) かくれた人気甲虫・ナガクチキムシ. 昆虫と自然 32(2):4−8.

水田國康 (1997) 広島県産フン虫の記録追加(1). 広島虫の会会報 (36):13.

水田國康・西 真弘 (1998) 広島県産フン虫記録追加(2). 広島虫の会会報 (37):5.

水谷 博 (1971) ツノコガネ・北海道における生態. 月刊むし (5):30−31.

望月寛人・西野昌二 (1995) ジュニホシナガクチキの採集例. 月刊むし (298):3.

盛口 満 (1998) 食糞コガネムシ類・フン虫と授業. 昆虫と自然 33(13):19−20.

森田誠司 (1993) 海棲のオサムシ科甲虫について. 昆虫と自然 28(11):17.

Morit,S., and K.Terada. (1998) Notes on the Bembidiinae(Carabidae)of Japan X.Jpn.J. syst. Ent. 4(1):33−38.

椋木博昭 (1991a) カミキリ奮闘記. ちょうしゅう (4):13−14.

椋木博昭 (1991b) 山口県の採集例の少ないカミキリ. ちょうしゅう (5):8.

椋木博昭 (1995a) 山口県でオガサワラチャイロカミキリを採集. ちょうしゅう (9):4.

椋木博昭 (1995b) 1994年の採集日記. ちょうしゅう (9):17.

椋木博昭 (2000) ベーツヒラタカミキリを阿武町で採る. ちょうしゅう (12):20.

椋木博昭・安田正利 (2000) クビアカナガクチキが萩市で大発生. ちょうしゅう (12):20.

村上幸一 (1986) 山口県徳佐周辺のカミキリ(1). 北九州の昆蟲 33(2):119−121.

村上幸一 (1990) 山口県徳佐周辺のカミキリ(3). 北九州の昆蟲 37(3):127−129.

村上幸一 (1992) 山口県徳佐周辺のカミキリ(4). 北九州の昆蟲 39(2):155.

村山聡則 (1999) 山口県の日本海島嶼におけるクワガタムシの採集例. 月刊むし (337):45.

中原龍雄 (1988) 島根県におけるクロソンホソハナカミキリの記録. 月刊むし (207):36.

中村慎吾・本多英文 (1966a) 広島県三段峡のカミキリムシ. 比和科学博物館研究報告 (10):3−6.

中村慎吾・本多英文 (1966b) 山口県寂地山彙のカミキリムシ. 比和科学博物館研究報告 (10):14−18.

中根猛彦 (1974) 日本の甲虫(5)おさむし科. 昆虫と自然 9(2):14.

中根猛彦 (1978a) 日本の甲虫(48)ごみむし科(2). 昆虫と自然 13(4):15−16.

中根猛彦 (1978b) 日本の甲虫(52)ごみむし科(6). 昆虫と自然 13(9):9−11.

中根猛彦 (1978c) 日本の甲虫(58)ごみむし科(12). 昆虫と自然 14(11):4−5.

中根猛彦 (1983) 日本の甲虫(63)ごみむし科(17). 昆虫と自然 18(8):12.

中根猛彦 (1985) 日本の甲虫(71)ごみむし科(25). 昆虫と自然 20(13):17−18.

中根猛彦監修 (1955) 原色日本昆虫図鑑(上)・甲虫編. 274pp. 近畿甲虫同好会編. 保育社, 大阪.

中根猛彦・大林一夫・野村鎮・黒沢良彦 (1965) 原色昆虫大図鑑第2巻(甲虫編). 443pp. 北隆館, 東京.

中山不覊 (1989) ヒラタマルゴミムシを東京都内で採集. 月刊むし (220):41.

中崎清隆・田上雅生 (1998a) 広島県産甲虫類の分布記録. 広島虫の会会報 (37):19−21.

中崎清隆・田上雅生 (1998b) 広島県産カミキリムシの分布記録. 広島虫の会会報 (37):16−17.

日本鞘翅目学会編 (1984) 日本産カミキリ大図鑑. 565pp. 講談社, 東京.

西田光康 (2000) 有明干拓で得られた甲虫類. 北九州の昆蟲 47(1):23−30.

野平照雄 (1988) 岐阜県におけるコカタビロゾウムシの記録. 月刊むし (212):38.

野平照雄 (1990) 岐阜県におけるクワノコブゾウムシの採集例. 月刊むし (234):39.

野津幸夫 (1998) ミツノエンマコガネを島根県から初記録. すかしば (46):67.

野村周平 (1998) 千葉県船橋市におけるクロカナブンの大量発生. 月刊むし (323):42.

緒方靖哉 (1980) 立花山(福岡)で採集したクビアカモモブトホソカミキリのこと. 北九州の昆蟲 27(3) :107−109.

小倉直樹 (1982) 新芽に来ていたルリクワガタ. 月刊むし (134):39.

大林延夫・佐藤正孝・小島圭三 (1992) 日本産カミキリムシ検索図説. 696pp. 東海大学出版会, 東京.

大貝秀雄 (1995) オオダイセマダラコガネの低山地での記録. 月刊むし (298):8.

大木克行 (2000a) 昆虫類. pp. 165−184. 阿武町史下巻. 阿武町史(編)委員会編, 山口.

大木克行 (2000b) アオマダラタマムシを下関で採集. ちょうしゅう (12):19−20.

大平仁夫 (1985) 九州に産するコメツキ科の珍種(20). 北九州の昆蟲 32(1):9−12.

大平仁夫 (1997) ヒメハネアカコメツキの雄. 北九州の昆蟲 44(1):18.

大野正男 (1967) 日本産ハムシ科研究の手引き(2). 昆虫と自然 2(4):11−13.

大野正男 (1996) 埼玉県鶴ケ島市のトウキョウヒメハンミョウ. 月刊むし (310):18

大塚健之 (1997) 九州のゴミムシ3種の記録. 月刊むし (312):38−39.

大塚直樹 (1985) クビアカモモブトホソハナカミキリ高知県下の記録. 月刊むし (178):17.

坂口晴典 (1993) アカジマトラカミキリの訪花例. 月刊むし(274):15.

佐野信雄 (1990) 徳島県のセアカオサムシ. 月刊むし (228):38.

佐々治寛之 (1982) ヨシ湿原のテントウムシ類. 昆虫と自然 17(9):32−33.

佐藤福男 (1999) アカマダラコガネを秋田県で春季に採集. 月刊むし (346):4−5.

佐藤正孝 (1990) 日本の甲虫・その起源と種分化をめぐって. 209pp. 東海大学出版会, 東京.

佐藤正孝 (1991) 昆虫類に関する自然保護の諸問題−長良川河口堰問題によせて−. 月刊むし (240):32.

柴田泰利 (1993) 海浜のハネカクシ. 昆虫と自然 28(11):25.

島根大学野外研究同好会 (1988) 鵜鷺半島・ホンシュウジカの糞に集まる食糞性コガネムシ. すかしば (30):45−46.

島根県 (1997) 昆虫類. pp. 170−345. しまねレッドデータブック―島根県の保護上重要な野生動植物(動物編). 島根県環境生活部景観自然課, 松江.

清水清市 (1990) 愛知県尾張平野部のミツノエンマコガネ. 月刊むし (230):40.

白石正人・加藤敦史 (1993) 四国のヒメビロウドカミキリについて. 月刊むし (271):39.

杉田守輝 (1985) 鳥取県伯耆大山のルリクワガタ属. 月刊むし (178):40.

Suzuki, W. (1986) Two Elaterid of the Genus Mogapenthes(Coleoptera, Elateridae)from Japan and Taiwan. Ent.Pap. pres. Kurosawa, Tokyo:205−210.

高井 泰 (1983) クワノコブコブゾウムシの鹿児島県及び福岡県での採集例. 昆虫と自然 18(4):8−9.

高橋寿郎 (1996a) 鳥取県のコガネムシに関する文献目録. すかしば (43・44):57−60.

高橋寿郎 (1996b) 伯耆大山のコガネムシに関する文献目録追加(3). すかしば (43・44):60−61.

高橋寿郎・淀江賢一郎 (1996) 島根県のコガネムシに関する文献目録. すかしば (43・44):38−41.

高橋 誠 (1994) 山形県におけるタカハシトゲゾウムシの採集例. 月刊むし (275):38.

高橋芳樹 (1998) 香川県坂出市でイネネクイハムシを採集. 月刊むし (334):22.

高倉康男 (1972) 北九州のゴミムシ類IV. 北九州の昆蟲 17(3):65.

高倉康男 (1986) トウキョウヒメハンミョウの生息状況. 北九州の昆虫 33(3):147.

高倉康男・城戸克哉 (1980) 福岡県のハムシ. 北九州の昆蟲 27(3):127.

高倉康男・小野正則 (1983) 大分・宮崎・鹿児島の甲虫. 北九州の昆虫 30(3):135.

高桑正敏 (1985) 今月のむし・イネネクイハムシ. 月刊むし (171):1.

高桑正敏 (1990) アカマダラコガネの春季採集例. 月刊むし (236):34.

武田文昭 (1991) ルリクワガタをトチの新芽で採集. 月刊むし (250):27.

竹井直樹 (1983) 南畑ダムで採集したゴミムシ5種. 北九州の昆蟲 30(2):118.

田村 保・周 (1990) 山口県滑国有林のカミキリ4種の記録. 月刊むし (238):31.

田中 馨 (1968) 豊浦郡華山のカミキリムシ科. 山口県の自然 (20):22−25.

田中 馨 (1975a) 山口県の甲虫類(1). 北九州の昆蟲 21(1):15−16.

田中 馨 (1975b) 山口県の甲虫類(3). 北九州の昆蟲 21(3):65−70.

田中 馨 (1975c) 山口県のカミキリ(1). 昆虫と自然 10(1):19−22.

田中 馨 (1975d) 山口県のカミキリ(2). 昆虫と自然 10(3):31−33.

田中 馨 (1976a) クビアカモモブトホソカミキリを山口県長門峡で再び採集. 北九州の昆蟲 22(2):40.

田中 馨 (1976b) 山口県産ゴミムシの珍種. 昆虫と自然 11(3):28.

田中 馨 (1990) ヤツボシシロカミキリ山口県に産す. 昆虫と自然 25(13):5−6.

田中 馨 (1993a) ダイミョウアトキリゴミムシを山口県角島で採集. 北九州の昆蟲 40(1):40.

田中 馨 (1993b) 山口県で近年採集したカミキリムシ. 北九州の昆蟲 40(1):93−94.

田中 馨 (1993c) ヒラヤマコブハナカミキリを山口県で採集. 昆虫と自然 28(7):35.

田中 馨 (1994) 山口県の甲虫類. 昆虫と自然 29(14):24−25.

田中 馨 (1995a) 山口県新記録並びに珍奇な甲虫類. 北九州の昆蟲 42(1):85.

田中 馨 (1995b) 山口県新記録並びに珍奇な甲虫類(2). 北九州の昆蟲 42(2):127−130.

田中 馨 (1995c) 山口県のゴミムシ. 昆虫と自然 30(14):15.

田中 馨 (1995d) 山口県でオニツヤハダコメツキを採集. 昆虫と自然 30(14):18.

田中 馨 (1997) ヤクツノハネカクシを山口県で採集. 月刊むし (322):41.

田中 馨 (2000a) 阿武町の甲虫類(主に大木克行氏採集による). ちょうしゅう (12):13−19.

田中 馨 (2000b) 山口県のダイミョウアトキリゴミムシ. ちょうしゅう (12):19.

田中 馨 (2001) 山口県の甲虫類分布資料(田中伸一氏採集による). ちょうしゅう (13):18-19.

田中 馨 ・椋木博昭・安田正利 (1999) 「山口県の昆虫」以後に採集された甲虫類. ちょうしゅう (11):17− 24.

田尾美野留 (1984) 兵庫県におけるクロサヒラタアトキリゴミムシの記録. 月刊むし (161):39.

田尾美野留 (1985) 茨城県取手市でトウキョウヒメハンミョウを採集. 月刊むし (174):36−37.

寺田勝幸 (1995) 広島県臥竜山のゴミムシ類. 広島虫の会会報 (34):36.

寺田勝幸・渡辺泰明・清水健一・小阪敏和 (1998) 温井ダム周辺で1998年に採集された歩行虫類. 広島虫の会会報 (37):10.

塚本珪一 (1996) 特集コガネムシ・フン虫. 昆虫と自然 31(9):16−19.

辻 啓介 (1972) ミツオホシハナノミ本州に産す. 月刊むし (10):36.

内田 清 (1991a) 徳島県でジュウニホシナガクチを採集. 月刊むし (249):41.

内田 清 (1991b)徳島県産甲虫5種の記録. 月刊むし (250):26−27.

上田 丞 (1990) 霜降山・小野湖周辺の歩行虫類(陸生オサムシ上科). pp. 228−235. 宇部市の保全すべき自然環境調査報告書・昆虫類. 宇部自然環境調査研究会, 山口.

上野俊一・黒澤良彦・佐藤正孝 (1985) 原色日本甲虫図鑑II. 514pp. 保育社, 大阪.

漆山誠一 (1999) オオキノコムシが好んで後食するキノコ. 月刊むし (345):43−44.

和田洋介 (1996) 四国本土におけるクビアカナガクチキムシの記録. 月刊むし (306):39.

渡辺高久 (1990) 英彦山のルリクワガタ属. 昆虫と自然 25(7):19−23.

八木 剛 (1996) ゲンゴロウのすむ環境とは?. 昆虫と自然 31(6):9−12.

八尋克郎 (1997)10年間ライトトラップにより捕獲されたゴミムシ類. 昆虫と自然 32(13):28−34.

山田 学 (1999) 島根県匹見町の甲虫採集記録. すかしば (47):11−18.

山地 治 (1997) 岡山県産昆虫目録鞘翅(甲虫)目. 534pp. 株式会社ウエスコ, 岡山.

山口県立山口博物館編 (1988) コウチュウ目. pp. 126−187. 山口県の昆虫. 山口県立山口博物館, 山口.

山下 晶 (1984) ムネアカナガクチキムシの追加記録. 月刊むし (158):28.

山屋茂人 (1984) 新潟県長岡市でヤスマツケシタマムシ採集される. 月刊むし (155):30.

山崎一夫・村井 貴 (1993) 和歌山県紀ノ川におけるセアカオサムシの採集例. 月刊むし (265);37.

安田正利 (1992) 英彦山でヤノトラカミキリとアカジマトラカミキリを採集. ちょうしゅう (6):2.

安田正利 (1995) 山口県におけるアカジマトラカミキリの記録. ちょうしゅう (9):4−5.

安田正利 (1999) 山口県阿武町でセダカコブヤハズカミキリ採集. ちょうしゅう (11):17.

安田正利・椋木博昭・松永善明 (1995) 萩市周辺で採集した甲虫類. ちょうしゅう (9):12−14.

山口県立山口博物館 (1988) コウチュウ目. pp. 126-187. 山口県の昆虫. 山口県立山口博物館, 山口.

淀江賢一郎 (1982) 山陰の蝶・トンボ・甲虫. 昆虫と自然 17(7):26.

淀江賢一郎 (1988) 島根県のカミキリに関する文献目録. すかしば (30):35−37.


ハチ目

青木 隆 (1996) キアシハナダカバチモドキを東京都足立区で採集. 月刊むし (308):38.

朝比奈正二郎・石原保・安松京三監修 (1965) 膜翅目.pp.243−312.pls.122−156. 原色昆虫大図鑑III. 北隆館, 東京.

平嶋義宏監修 (1989) ハチ目.pp.541−692.日本産昆虫総目録II. 九州大学農学部昆虫学教室・日本野生生物研究センタ−共編, 福岡.

平山修次郎 (1933) 膜翅目. pls.49−55.原色千種昆虫圖譜. 三省堂, 東京.

伊藤芳教・吉岡政幸・佐藤宏和・岡田正哉 (1999) タイワンヒラアシキバチを東海地方で採集. 月刊むし (337):41.

岩崎利夫 (1976) ハチ目. pp.207−208.岩国の自然. 岩国市科学センタ−, 山口.

三好和雄 (1993) ベッコウバチ及びツリアブの未記録種について. 山口県の自然 (53):37.

三好和雄 (1994) ハチ目. pp.41−49.光市産昆虫目録. 自刊, 光.

三好和雄 (1997) ハチ目.pp.7−8,13,16.続光市産昆虫目録. 自刊, 光.

野原啓吾 (1967) 膜翅目.pp.21−22.萩地方の昆虫目録第一報・萩市郷土博物館研究報告. 萩市郷土博物館, 山口.

比婆科学教育振興会 (1997) ハチ目.pp.559−633.広島県昆虫誌I. 広島昆虫誌刊行会, 広島.

奥谷禎一 (1982) 日本の広腰亜目IVナギナタハバチ科. 昆虫と自然 17(9):19−21.

奥谷禎一 (1983) 日本の広腰亜目[コンボウハバチ科. 昆虫と自然 18(12):22−27.

信太利智 (1991) 三浦半島のセナガアナバチ. 昆虫と自然 26(14):4.

須田博久 (1974) 山で採ったハナダカバチの採集例. 昆虫と自然 9(6):31.

須田博久 (1999) セナガアナバチ大阪に健在. 月刊むし (343):45−46.

杉浦直人・前田泰生 (1997) ハチ目.pp.200−201,292−293,296−297. 島根レッドデ−タブック・島根県の保護上重要な野生動植物・動物(編). 島根県環境生活部景観自然課, 松江.

高橋秀男 (1997) ベッコウバチ科の採集記録・マエアカベッコウ. 月刊むし (322):37−38.

高倉康男 (1992) 福岡県のコンボウハバチとミフシハバチ. 北九州の昆蟲 39(1):71−72.

竹内吉蔵 (1955) 膜翅目.pp.112−140.pls.51−62.原色日本昆虫図鑑(下). 保育社, 大阪.

田中 馨 (1999a) 山口県のハバチ数種. 北九州の昆蟲 46(1):57−58.

田中 馨 (1999b) 山口県でタイワンヒラアシキバチを採集. 北九州の昆蟲 46(1):58.

田中 馨 (2000) 山口県のハバチI(コンボウハバチ科). ちょうしゅう (12):22−24.

山口県立山口博物館(1998) 膜翅目.pp 187-197. 山口県の昆虫. 県立山口博物館, 山口.


ハエ目

朝比奈正二郎・石原 保・安松京三 (1965) 原色昆虫大図鑑III. Pp. 358, 北隆館, 東京.

平嶋義宏監修 (1989) ハエ目.pp.699−873. 日本産昆虫総目録I. 九州大学農学部昆虫教室・日本野生生物研究センタ−共同(編), 福岡.

平山修次郎 (1937) 双翅目.pp.119−126,pls.58−60. 原色千種続昆虫図譜. 三省堂, 東京.

池崎善博 (1983) ハナアブの採集と保存. 昆虫と自然 18(7):38−39.

池崎善博・有賀文章 (1975) ニトベベッコウハナアブの蛹殻. 昆虫と自然 10(14):27.

池崎善博・中村慎吾 (1995) 広島県のハナアブ類.比和科学博物館研究報告 (33):177-184.

池崎善博・根来 尚 (1997) 富山県のハナアブ(1). 富山市科学文化センタ−研究報告 (20):29−33.

木村輝夫 (1982) オモナガハナアブの記録. 昆虫と自然 17(14):17.

木村輝夫・池崎善博 (1992) 枝重忠夫ハナアブ科図説(1965)活用のために. 昆虫と自然 27(14):23−31.

宮武睦夫・枝重忠夫 (1965) 双翅目.pp.195−218,pls.98−109. 原色昆虫大図鑑III. 北隆館, 東京.

三好和雄 (1993) ベッコウバチ及びツリアブの未記録種について. 山口県の自然 (53):7.

三好和雄 (1994a) 光市でオガサワラツリアブを記録<続報>. 山口県の自然 (54):28.

三好和雄 (1994b) 光市産昆虫目録. 自刊, 光.

比婆科学教育振興会 (1997) ハエ目.pp.649−658. 広島県昆虫誌II.広島県昆虫誌刊行会, 広島.

大原賢二 (1999) ハナアブの生活から. インセクタリゥム 36(9):34−38.

大石久志 (1996) ル−ペで調べる身近な縞模様のハナアブの見分け方(2). 昆虫と自然 31(6):34−41.

大石久志 (1998) ル−ペで調べる身近な縞模様のハナアブの見分け方(4). 昆虫と自然 33(12):31−34.

大石久志 (1999) ル−ペで調べる身近な縞模様のハナアブの見分け方(6). 昆虫と自然 34(3):43−46.

高倉康男 (1983) 1982年に採集した北九州のアブ類. 北九州の昆虫 30(3):177.

竹内吉蔵 (1955) 双翅目.pp.141−155,pls.63−68. 原色日本昆虫図鑑(下). 保育社, 大阪.

玉木長寿 (1990) オモナガハナアブを群馬県の武尊山で採集. 昆虫と自然 25(11):32.

田中 馨 (1974) 山口県のアブ類. 昆虫と自然 9(5):21−24.

山口県立山口博物館(1988) 双翅目.pp. 117-126. 山口県の昆虫. 山口県立山口博物館, 山口.


チョウ目

青山潤三 (1992) 「26番目」 のゼフィルス“ミナミアカシジミ"について(上). 西風通信 (2):32-49.

福田晴夫・浜 栄一・葛谷 健・高橋 昭・高橋真弓・田中 蕃・田中 洋・若林守男・渡辺康之・ (1982-1984) 原色日本蝶類生態図鑑.(I)-(IV). 保育社, 大阪.

福田竹美 (1999) 気になる蝶類数種の採集記録. ちょうしゅう (11):1-3.

藤田一夫・三戸 雅就・福田 竹美 (1995) 山口県東和町でクロツバメシジミを採集. 蝶研フイ-ルド (109) :22.

後藤和夫 (1999a) 山口県下のホシミスジ新産地について. わたしたちの自然史 (69):23.

後藤和夫 (1999b) オオウラギンヒョウモン生態2例. ちょうしょう (11):11-12.

後藤和夫 (1999c) 山口県下のクロツバメシジミ最近の状況に就いて. 北九州の昆蟲 46(1):60-62. 1pl.

後藤和夫 (1999d) 山口県下のカシワアカシジミ(ミナミアカシジミ)の記録. わたしたちの自然史 (69):22-23.

後藤和夫 (1999e) 寂地山系右谷山で確認した蝶. ちょうしょう (11):6-7.

後藤和夫 (1999f) ツマグロキチョウは何処へ行く. 北九州の昆蟲 46(1):68.

後藤和夫 (1999g) 小野田市に於けるウラナミジャノメ. 北九州の昆蟲 46(1):62.

後藤和夫 (1999h) 宇部,小野田市のシルビアシジミに就いて. 北九州の昆蟲 46(1):63-65.

後藤和夫 (1999i) 蝶の遅い採集記録2例. ちょうしょう (11):6.

後藤和夫 (1999j) 秋に徳佐で採集したスジボソヤマキチョウ. 北九州の昆蟲 46(1):67.

後藤和夫 (2000a) 冠高原におけるアカシジミ属について. 月刊むし (348):56.

後藤和夫 (2000b) 錦町深谷川渓谷部の蝶. 山口県の自然 (60):29-35.

後藤和夫 (2000c) 羅漢高原の蝶に想う. 北九州の昆蟲 47(2):115-120, 1pl.

後藤和夫 (2000d) 山口県でクロシジミの新産地を確認. 蝶研フィ-ルド (163):29-30.

後藤和夫 (2000e) 山口県下で確認したオオムラサキ. わたしたちの自然史 (73):21.

後藤和夫 (2000f) 美祢市でギンイチモンジセセリ確認. わたしたちの自然史 (73):22.

後藤和夫 (2000g) 周南地区で確認したスジグロチャバネセセリ. 北九州の昆蟲 47(2):120.

後藤和夫 (2001a) 山口県下のシルビアシジミの生息状況. 蝶研フィ-ルド (175):13-15.

後藤和夫 (2001b) 山口県下のクロヒカゲモドキ. わたしたちの自然史 (75):22-23.

後藤和夫 (2001c) 山口県下のギンイチモンジセセリ. 山口県の自然 (61):33-36.

後藤和夫 (2001d) 山口県下のウラナミジャノメ. 山口県の自然 (61):37-40.

後藤和夫 (2001e) ツマグロキチョウを求めて10,000km. 山口県の自然 (61):29-32.

原田実也 (1987) オオウラギンヒヨウモン(飼育記録). ちょうしゅう (1):1-2.

林 直哉 (1970) 周防祝島の蝶相. 山口県の自然 (24):19-20.

林 直哉 (1971) 山口県下で採集した白化の著しいオオムラサキ. 山口県の自然 (25):25-26.

光昆虫グル-プ (1987) 最近県下で採集された注目される昆虫. 山口県の自然 (47):32-34.

光蝶グル-プ (1962) 光市の蝶類記録. 山口県の自然 (7):32-38.

弘中康之 (1960) 狗留孫山でクロシジミを採集する. 北九州の昆蟲 (7):91.

蛭川憲男 (1985) 日本の昆虫A.クロシジミ. 文一総合出版. 東京.

池田一喜 (1992) 1992年の採集日記から. ちょうしゅう (6):13.

池田 寛 (1966a) 西中国山地国定公園候補地. 学術調査報告, 83-104. 山口県, 山口.

池田 寛 (1966b) 周防山口盆地のギフチョウ. 山口県の自然 (15):18.

池田 寛 (1967) 徳地町長者ケ原盛夏の昆虫. 山口県の自然 (17):23-25.

池田 寛 (1969) 全国ギフチョウ属の分布. 昆虫と自然 (4):29-41.

池田 寛 (1972a) タイリンアオイを食べるギフチョウ. 山口県の自然 (28):22.

池田 寛 (1972b) 周防祝島の昆虫(概報). 山口県立山口博物館研究報告 (2):1-16.

池田 寛 (1975) 山口県の自然史(昆虫の世界). 62-65,99. 山口県立山口博物館, 山口.

池田 寛 (1976) 山口県自然研究会(編). 山口県の自然の現状(昆虫類), 116-129. 山口県, 山口.

池田 寛 (1986) 十種ゲ峰周辺のギフチョウについて. 山口県の自然 (46):19-20.

池田美成 (1957) 萩付近の蝶類目録. 1+7pp. 萩市科学博物館, 萩.
               
猪又敏男 (1990) 原色蝶類検索図鑑:223pp. 北隆館, 東京.

井上 寛・杉 繁郎・黒子 浩・森内 茂・川辺 湛・大和田 守 (1982) 日本産蛾類図鑑. 第一巻 pp966. 講談社, 東京.

伊藤靖子・井上智典・孔 継華・三苫英子・河村信子・山中 明・遠藤克彦 (1998) 山口県中東部(山口盆地とその周辺)における蛾類の調査(蛾類の採集リストおよび解析の概要). 山口生物 25 (別冊) 1-270.

岩国蝶グル-プ (1970) 岩国市の蝶類記録.8pp. 岩国市科学センタ-, 岩国..

岩国市教育委員会 (1976) 科学センタ-誌.岩国の自然. 298pp+2maps:214-222. 岩国市科学センタ-, 岩国.

神垣健司・横倉 明 (1992) 広島県のキタアカシジミ(1). 蝶研フイ-ルド (76):6-9.

神垣健司 (1998) ミナミアカシジミの衰亡と保護. 広島県生物環境会議開催報告書, 23-29. 広島県生物環境学会, 広島.

大野正男 (1968) 山口県萩市見島の蝶相. 山口県の自然 (20):26-30.

岡 耿一郎 (1982) 下関市ならびに近郊で採集された蝶. 下関昆虫同好会 (3):22-23.

岡 耿一郎 (1988) 鱗翅目(蛾類). 山口県立博物館(編) 山口県の昆虫 29-30:83-113.

大和田 守 (2000) オキナワルリチラシ―-亜種の分化と生活史の謎. 国立科学博物館ニュース (374): 20-23.

Owada, M. and K. Horie (1992) Notes on Eterusia watanabei INOUE, stat. Nov. (Zygaenidae,Chalcosiinae), endemic to Tsushima, western Japan. Jap. J. Ent. 60:401-408.

Saigusa,T.(1993) Zephyrus Researches. (1):12-22.

佐々木克己 (1988) 鱗翅目(蝶類). 15-25pls, 31-42,113-116. 山口県立山口博物館(編), 山口県の昆虫, 山口.

佐々木克己・佐々木研己 (1975) くり林とギフチョウ. 月刊むし (47):27.

松香宏隆 (1994) 地球博物館, 蝶. 215P, PHP研究所, 東京.

住田 紘 (1984) 下関市内のシルビアシジミ. 下関市昆虫同好会誌 (4):21-22.

竹下 稔 (1987) オオウラギンヒョウモン採集回顧録及産卵記録. ちょうしゅう (1):2-3.

武次房江 (1994) 秋吉台-オオウラギンヒョウモンの-保護. 日本鱗翅学会シンポジウム(1), 講演集:70.

田島 実 (1991) 唯一のデ-タ. ちょうしゅう (5):8-9.

田中正文 (1974) 山口県産シジミチョウ科10種について. 昆虫と自然 9(1):24-26.

田中正文 (1999a) スジボソヤマキチョウを平家岳で採集. ちょうしょう (11):5.

田中正文 (1999b) 山口県産カシワアカシジミの卵・幼虫の採集と飼育の記録. ちょうしょう (11):12-13.

松野 宏 (1971) 山口県産蝶類数種の記録. 山口県の自然 (26)20-22.

三宅貞雄 (1970) 山口県のカンアオイ類-その種類と分布-. 山口県の自然 (23):23-27.

三好和雄 (1959) 山口県の昆虫総瞥見. 山口県の自然 (1):18-20.

三好和雄 (1961) 冠山の昆虫相(II). 山口県の自然 (5):9-20.

三好和雄 (1963) 岩国昆虫採集記. 山口県の自然 (8):16-18.

三好和雄 (1965) 萩市における昆虫採集目録. 山口県の自然 (14):37.

三好和雄 (1966) 大島における昆虫採集記録. 山口県の自然 (16):34-36.

三好和雄 (1968) 特牛,角島の昆虫. 山口県の自然 (20):42-46.

三好和雄 (1969) 鹿野町とその周辺の昆虫(I). 山口県の自然 (21):11-21.

三好和雄 (1975) 美和町の昆虫相(その1). 山口県の自然 (33):22-35.

三好和雄 (1976) 美和町の昆虫相について(III). 山口県の自然 (55):27.

三好和雄 (1994) 光市産昆虫目録. 6+82+6pp,. 自刊, 光.

椋木博昭 (1996) 1994年採集日記から. ちょうしゅう (9):17-18.

村上幸一 (1986) スジボソヤマキチョウを徳佐で採集. 北九州の昆蟲 33(2):112.

村田辰美 (1987) 望蝶雑記.其の1(飼育記録). ちょうしゅう (1):10.

村田辰美 (1988) 秋吉台のオオウラギンヒョウモン採集規制に思う. ちょうしゅう (2):3-4.

村田辰美 (1991) フタバアオイによるギフチョウの飼育. ちょうしゅう (5):10-12.

難波正幸 (1987) クロツバメシジミ, 人工採卵の経験. ちょうしゅう (1):6-7.

上村 正・兼子 (1962) 山口県で採集された蝶. 山口県の自然 (7):25-31.

山本雅樹 (1968) 萩およびその付近の昆虫目録. 萩市郷土博物館研究報告 (2):22-26.

柳林浩一 (1988) ルーミスシジミ採集記. ちょうしゅう (2):18-19.

渡辺一雄・淀江賢一郎・難波通孝・山中捷二・後藤和夫 (2000) 中国地方におけるギフチョウ−分布図と分布論. ホシザキグリ-ン財団研究報告, (4):225-237. ホシザキグリ-ン財団 , 松江.


もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類 | クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ植物 |


トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。