レッドデータブックやまぐち
| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類 | クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ植物 |
 
淡水魚類参考文献

相澤裕幸・国領康弘 (1980) 静岡県で得られたイドミミズハゼ. 淡水魚 (6):51-53.

藍澤正宏 (1996) 10.イドミミズハゼ.pp. 211-214. 日本水産資源保護協会編. 日本の希少な野生生物に関する基礎資料(III). 日本水産資源保護協会, 東京.

Amaoka, K. and C. Haruta (1972) Threespine stickleback, Gasterosteus aculeatus aculeatus, new record from Shimonoseki. Japan. J. Ichthyol. 19: 129-131.

青柳兵司 (1957) 日本列島淡水魚類総説. 272pp. 大修館, 東京.

荒井克俊 (1997) 魚類の染色体異変とその遺伝資源としての利用. 水産育種 (24):3-20.

新井良一 (1981) 伊豆半島産ミミズハゼ属およびコマハゼ属の魚類. 国立科学博物館専報 14:151-166.

崔 基哲・田 祥麟・金 益秀 (1984) 韓国産淡水魚分布図(第8版).103pp. 韓国淡水生物研究所, ソウル.

Dotu, Y. (1957) A new species of a goby with a synopsis of the species of the genus Luciogobius Gill and its two allied genera. J. Fac. Agr. Kyushu Univ. 11: 69-76.

道津喜衛 (1963) ドウクツミミズハゼについて. 動物学雑誌 72:1-5.

道津喜衛 (1979) ミミズハゼ類の生活史研究覚書. 淡水魚 (5):80-84.

江上信雄・山上健次郎・嶋昭紘(編) (1990) メダカの生物学. 315pp. 東海大学出版会, 東京.

藤井亮吏・矢部 衛・清水孝昭・金山 勉・尼岡邦夫 (1997) カジカ4型の分類学的検討. 1997年度日本魚類学会年会講演要旨:p. 26.

藤岡 豊 (1973) 佐波川で採集されたイシドジョウ(Cobitis takatsuensis Mizuno) について. 山口大学教育学部研究論叢 23: 185-190.

藤岡 豊 (1977) 山口県におけるシマドジョウ属の分布. 山口大学教育学部研究論叢 26:213-216.

藤岡 豊 (1978) 山口県におけるシマドジョウ属について. 淡水魚 (4):110-114.

藤岡 豊 (1991) 山口のさかな.153pp. 藤岡豊教授退官記念事業会, 山口.

藤岡 豊・片山正夫 (1977) 山口県の淡水魚類および瀬戸内海産魚類の追補. 山口大学教育学部研究論叢 26:203-211.

後藤 晃 (1996) 9.ウツセミカジカ(琵琶湖).pp. 206-210. 日本水産資源保護協会編. 日本の希少な野生生物に関する基礎資料(III). 日本水産資源保護協会, 東京.

後藤 晃・塚本勝巳・前川光司(編) (1994) 川と海を回遊する淡水魚−生活史と進化−. 279pp. 東海大学出版会, 東京.

林 公義 (1987) イドミミズハゼ.p. 156. 川那部浩哉監. フイ−ルド図鑑淡水魚. 東海大学出版会, 東京.

Higuchi, M. and A. Goto (1996) Genetic evidence supporting the existence of two distinct species in the genus Gasterosteus around Japan. Env. Biol. Fish. 47:1-16.

Higuchi, M., A. Goto and F. Yamazaki (1996) Genetic structure of threespine stickleback, Gasterosteus aculeatus in Lake Harutori, Japan, with reference to coexistin ganadromous and freshwater forms. Ichthyol. Res. 43:349-358.

Honma, Y. (1991) A list of fishes found in the vicinity of Sado Marine Biological Station VII. Rep. Sado Mar. Biol. St., Niigata Univ. 21:11-35.

星野和夫・松尾敏生・細谷和海 (1996) 九州におけるアカザの分布. 魚類学雑誌 43:105-108.

今西錦司 (1986) サケ科魚類の研究と随想,うろくず集.135pp. 淡水魚保護協会編. 淡水魚保護協会, 大阪.

石丸克也 (1994) 広島県のイドミミズハゼ. 比婆科学 161:1-2.

Iwata, A., A. Goto and K. Hamada (1985) A review of the siberian lamprey,Lethenteron kessleri, in Hokkaido, Japan. Bull. Fac. Fish. Hokkaido Univ. 36:182-190.

Iwata, A. and K. Hamada (1986) A dwarf male of the arctic lamprey, Lethenteron japonicum from the Assabu River, Hokkaido, Japan. Bull. Fac.Fish.Hokkaido Univ. 37:17-22.

環境庁(編) (1991) 日本の絶滅のおそれのある野生生物, 脊椎動物編. 340pp. 自然環境研究センタ−, 東京.

片山正夫 (1975) 錦川上流深谷川で漁獲されたムシクイアマゴについて. 山口県の自然 4(3):13-16.

片山正夫・藤岡 豊 (1965) 山口県におけるサケ科魚類とその分布について. 山口大学教育学部研究論叢 15:65-76.

片山正夫・藤岡 豊 (1971) 山口県の淡水魚類.山口大学教育学部研究論叢 21:73-97.

片山正夫・池田 寛 (1972) 長門市で採れたイドミミズハゼ.山口の自然 3(7):20-21.

加藤文男 (1973a) 伊勢湾で獲れたアマゴの降海型について. 魚類学雑誌 20:107-112.

加藤文男 (1973b) 伊勢湾に降海するアマゴ(Oncorhynchus rhodurus)の生態について. 魚類学雑誌 20:225-234.

加藤文男 (1982) 長良川中流域に降下残留するアマゴについて. 淡水魚 増刊ヤマメ・アマゴ特集:104-111.

河口郁史 (1997) 錦川水系の魚類. 山口県高等学校教育研究会生物部会, 高等学校生物教育研究資料 (14)22-26.

川那部浩哉・水野信彦(編・監) (1989) 日本の淡水魚. 719pp. 山と渓谷社, 東京.

Kimizuka, Y., H. Kobayashi and N. Mizuno (1982) Geographic distribution and karyotypes of Cobitis takatsuensis and Niwaella delicata. Japan. J. Ichthyol. 29:305-310.

木村晴朗 (1977) ゴギの産卵習性と仔稚魚. 九州大学農学部学芸雑誌 32:125-140.

Kitagawa, T., M. Watanabe, T. Kobayashi, M. Yoshioka, M. Kashiwagi and T.Okazaki (2001) Two genetically divergent groups in the Japanese spined loach, Cobitis takatsuensis, and their phylogenetic relationships among Japanese Cobitis inferred from mitochondrial DNA analyses. Zool. Sci. 18:249-259.

児玉伊智郎・友田郁夫・荻山友貴・寺田弘信・安田沙織・金子亜由美・木村由紀代・三木洋美・猶比呂子・猶 朋美 (1999a) 山口県内のメダカ(Oryzias latipes ) とカダヤシ(Gambusia affinis ) の分布状況. 山口生物, 山口生物学会 26:39-44.

児玉伊智郎・友田郁夫・荻山友貴・寺田弘信・安田沙織・金子亜由美・木村由紀代・三木洋美・猶比呂子・猶 朋美 (1999b) 山口県におけるメダカ(Oryzias latipes ) とカダヤシ(Gambusia affinis ) の種間関係. 山口生物, 山口生物学会 26:45-56.

Maekawa, K., K. Iguchi and O. Katano (1996) Reproductive success in male Japanese minnows, Pseudorasbora parva : observations under experimental conditions. Ichthyol.Res. 43:257-266.

Masuda, Y., T. Ozawa and S. Enami (1989) Genetic differentiation among eight color types of freshwater goby, Rhinogobius brunneus, from western Japan. Japan. J. Ichthyol. 36:30-51.

松原弘至 (1982) ヤマメ・アマゴの分布の人為的攪乱. 淡水魚 増刊ヤマメ・アマゴ特集 :87-91.

宮地伝三郎・川那部浩哉・水野信彦 (1976) 原色日本淡水魚図鑑, 再版. 462pp. 保育社, 大阪.

Mizuno, N. (1960) Description of a new freshwater goby from Japan. Mem. Coll. Sci. Univ. Kyoto, 27: 117-119.

Mizuno, N. (1970) A new species of cobitid fish from Japan. Mem. Ehime Univ., (B) 6: 133-143.

水野信彦 (1975) イシドジョウのこと. 淡水魚 (1):80-82.

水野信彦 (1976) ヨシノボリの研究3. 四国と九州での4型の分布. 生理生態 17:373-381.

水野信彦 (1981) ヨシノボリ学入門. 淡水魚 (7):7-13.

水野信彦・藤岡 豊 (1977) 佐波川水系の魚類. pp.41-71. 藤岡 豊・高井 徹・水野信彦・久保田善二郎・池田 寛 編. 佐波川水系の生物総合調査報告書. 山口大学, 山口.

水野信彦・後藤 晃(編) (1987) 日本の淡水魚類,その分布,変異,種分化をめぐって. 244pp. 東海大学出版会, 東京.

水野信彦・上原伸一・牧 倫郎 (1979) ヨシノボリの研究4.4型共存河川でのすみわけ. 日本生態学会誌 29:137-147.

水岡繁登 (1967) ヨシノボリの流れに沿う変異の研究 IV 斑紋型及び胸鰭の鰭条数について. 広島大学教育学部紀要 第3部 (16):43-52.

水岡繁登 (1971) ヨシノボリRhinogobius brunneus (Temminck et Schlegel)の流れに沿う変異の研究 II 鳥取県・島根県・山口県・九州西岸における体色斑紋型3型について. 広島大学教育学部紀要 第3部 (20):11-17.

水岡繁登 (1974) ヨシノボリRhinogobius brunneus (Temminck et Schlegel)の変異に関する研究 III 山陰・北陸・山陽・五島列島における体色斑紋型6型について. 広島大学教育学部紀要 第3部 (23):31-40.

森 誠一 (1997) トゲウオのいる川.206pp. 中央公論社, 東京.

長田芳和・細谷和海 (編) (1997) よみがえれ日本の淡水魚, 日本の希少淡水魚の現状と系統保存. 379pp. 緑書房, 東京.

永田洋子・永田昭広・藤岡 豊・酒井治己 (1994) 山口県産カワムツ2種(A型,B型)の核型分析. 水産大学校研究報告 43: 17-20.

中坊徹次(編) (2000) 日本産魚類検索, 全種の同定. 第二版.1748pp. 東海大学出版会, 東京.

中村守純 (1969) 日本のコイ科魚類. 455pp. 資源科学研究所, 東京.

中村守純 (1971) 原色淡水魚類検索図鑑, 再版. 262pp. 北隆館, 東京.

中村守純 (1974) ビワマスのはなし.つり人 29(7):87-89.

日本林業技術協会(編) (1994) 森の動物の100不思議. 217pp. 東京書籍, 東京.

日本水産資源保護協会(編) (1998) 日本の希少な野生生物に関するデ−タブック(水産庁編). 437pp. 日本水産資源保護協会, 東京.

岡崎登志夫 (1997) mt-DNAに基づくカジカの遺伝的分化. 1997年度日本魚類学会年会講演要旨: p.26.

岡崎登志夫・小林敬典 (1992) カジカの遺伝的分化−種分化の様式をめぐって. 1992年度日本魚類学会年会講演要旨: p.42.

岡崎登志夫・小林敬典・洲澤 譲・清水孝昭 (1994) 日本産カジカ両側回遊型内で認められた1未記載種.1994年度日本魚類学会年会講演要旨: p.20.

Okazaki, T., M. Watanabe, K. Mizuguchi and K. Hosoya (1991) Genetic differentiation between two types of dark chub, Zacco temminckii in Japan. Japan. J. Ichthyol. 38: 133-140.

鬼倉徳雄・松井誠一・竹下直彦・古市政幸 (1998) カマキリ, ヤマノカミの成長および生残率に及ぼす水温の影響. 水産増殖 46:367-370.

酒井治己 (1995) 魚類における自然交雑と種分化. 生物科学 47:113-123.

酒井治己・伊藤大樹・渡辺智久・出射邦明・伊藤行政・松原 創・高木基裕・池田 至 (1999) 山口県における淡水産ハゼ科魚類の分布. 水産大学校研究報告 48:49-56.

酒井治己・永田昭広・藤岡 豊 (1992) 山口県におけるオイカワ属魚類の分布と雑種の出現. 水産大学校研究報告 40:75-82.

酒井治己・横山智哉・酒井康司・松本聡司・久保田善二郎 (1989) 山口県蓋の井川産イシドジョウの生活史特性. 日本生物地理学会会報 44:39-47.

桜井淳史 (1986) 野外ハンドブック・10. 魚,淡水編,7版. 223pp. 山と渓谷社, 東京.

佐藤信一 (1951) 北海道に於けるヤツメに関する考察. 北海道大学水産学部彙報 1:54-62.

佐藤月二 (1963) ゴギ(中国地方のイワナ). 広島県文化財調査報告 第3集:3-30.

Shimizu, T., H. Sakai and N. Mizuno (1998) Embryonic and larval development of a Japanese spinous loach, Cobitis takatsuensis. Ichthyol. Res. 45: 377-384.

清水孝昭・洲澤 譲・水野信彦・高楠敏博 (1994) 愛媛県加茂川におけるカジカCottus pollux 回遊型の初期生活史. 徳島県立博物館研究報告 (4): 49-66.

Shiogaki, M. and Y. Dotsu (1976) Two new speicies of the genus Luciogobius (family Gobiidae) from Japan. Japan. J. Ichthyol. 23: 125-129.

杉本剛士 (1995) 16. カマキリ. pp.370-375. 日本水産資源保護協会 編. 日本の希少な野生生物に関する基礎資料(II). 日本水産資源保護協会, 東京.

鈴木 亮 (1982) ヤマメ・アマゴの雑種. 淡水魚 増刊ヤマメ・アマゴ特集 :74-78.

鈴木寿之・藍澤正宏 (1994) 兵庫県揖斐川支流中川で採集されたイドミミズハゼ. 兵庫陸水生物 44:1-3.

為家節弥・岡村 収 (1976) イドミミズハゼLuciogobius pallidusの生態について. 魚類学会年会講演要旨, p.4.

Tanaka, S. (1931) On the distribution of fishes in Japanese waters. J. Fac. Sci.Imp.Univ.Tokyo, Sec. 4, III (1): 1-90.

Taniguchi, N., Y. Honma and K. Kawamata (1990) Genetic differetiation of freshwater and anadromous threespine sticklebachs (Gasterosteus aculeatus) from northern Japan. Japan. J. Ichthyol. 37: 230-238.

淡水魚保護協会山口県支部 (1990) 山口県におけるイシドジョウの分布. 淡水魚保護 (3):89-90.

立川 互 (1982) アマゴとヤマメの交雑種F1,F2ならびに退交雑種の形質について.淡水魚, 増刊ヤマメ・アマゴ特集: 82-84.

Tomiyama, I. (1936) Gobiidae of Japan. Japan. J. Zool. 7: 37-112.

利重正雄 (1966) 中国地方のヤマメ・アマゴ類の分布概況について. 山口県農業教育誌 (2):1-4.

利重正雄 (1970) 中国地方の日本海側(ヤマメの生息域)におけるアマゴの生息状態について. 山口県高等学校教育研究会生物部会,高等学校生物教育研究資料 (1):21-34.

利重正雄 (1973) 山口県の淡水魚類. 山口県生物教育研究会, 日本生物教育会第28回全国大会記念号:51-59.

内田恵太郎 (1939) 朝鮮魚類誌,第1冊. 朝鮮総督府水産試験場報告 (6):1-458.

Watanabe, K. (1994) A note on the reproductive ecology of the torrent catfish Liobagrus reini (Siluriformes: Amblycipitidae). Japan. J. Ichthyol. 41: 219-221

渡部正雄 (1958) 日本産カジカ科魚類の研究(増補改訂版). 461pp. 角川書店, 東京.

山本 聰・沢本良宏 (1998) 千曲川での河川型カジカ,Cottus pollux の微小生息場所の物理的環境. 水産増殖 46:231-236.

Yamazaki, Y. and A. Goto (1996) Genetic differentiation of Lethenteron reissneri populations, with reference to the existence of discrete taxonomic entities. Ichthyol. Res. 43:283-299.

Yamazaki, Y. and A. Goto (1997) Morphometric and meristic characteristics of two groups of Lethenteron reissneri. Ichthyol. Res. 44:15-25.

Yamazaki, Y. and A. Goto (1998) Genetic structure and differentiation of four Lethenteron taxa from the Far East, deduced from allozyme analysis. Env. Biol. Fish. 52: 149-161.

Yamazaki, Y., A. Goto, H.-K. Byon and S.-R. Jeon (1999) Geographical distribution patterns of the two genetically divergent forms of Lethenteron reissneri (Pisces, Petromyzonidae). Biogeography 1: 49-56.

山崎祐治・岩田明久 (1997) シベリアヤツメの本州における初記録. 魚類学雑誌 44:51- 55.

Yamazaki, Y., H. Sugiyama and A. Goto (1998) Mature dwarf males and females of the arctic lamprey Lethenteron japonicum. Ichthyol. Res. 45: 404-408.

Zhang, Q. and K. Arai (1999) Distribution and reproductive capacity of natural triploid individuals and occurrence of unreduced eggs as a cause of polyploidization in the loach, Misgurnus anguillicaudatus. Ichthyol., Res. 46: 153-161.

Zhang, Q., K. Arai and M. Yamashita (1998) Cytogenetic mechanisms for triploid and haploid egg formation in the triploid loach Misgurnus anguillicaudatus. J. Exp. Zool. 281: 608-619.


もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類 | クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ植物 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。