> 陸・淡水産貝類 トップページ
 ホラアナミジンニナ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ミジンツボ科
和名 ホラアナミジンニナ
学名 Bythinella nipponica Mori
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
   
美東町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  殻高約1.6mmと小形で、山間渓流の水底にある落葉や礫岩の裏に生息しています。殻色は淡黄色から黒色まで変化に富んでいます。模式産地は高知市竜河洞であるため、和名に「ホラアナ」と冠していますが、実際には洞窟外の渓流に生息しています。生息場所はカタツムリトビケラの生息環境と類似し、本種とともにその営巣がよく見られます。全国的な分布は、紀伊半島以西の本州、四国、九州。県内では各地で記録されていますが、県内美東町大田を模式産地として記載されたアキヨシホラアナミジンニナは、その後の研究により本種の地方型であることが明らかになりました。県内には、健全な産地が各地に残っていますが、微少種であるため、その生息が認知されないまま、開発等の影響を受け、各地で消滅してしまう個体群も多いと思われます。

選択理由  河川の最上流付近の山間渓流にすむが、ダム建設などによる河川上流の開発のため近年各地で減少している。

形態 殻高約1.6mm、殻径約0.8mm。殻色は淡黄色から黒色まで変化に富む。模式産地は高知市竜河洞であるため、和名は 「ホラアナ」 と形容されるが、実際には真洞窟性貝類ではなく洞窟外の谷川に生息している。

分布  紀伊半島以西の本州、四国、九州。県内では須佐町、阿武町、川上村、長門市、日置町、油谷町、豊田町、豊北町、菊川町、下関市、美祢市、山口市、美東町、秋芳町、徳地町、徳山市、大島町、岩国市からの記録がある。秋吉台の大久保平の出水穴を模式産地として1957年に記載されたアキヨシホラアナミジンニナB .(M.) akiyoshiensis は、その後の研究によってホラアナミジンニナの単なる地方型にすぎないことがわかった。福岡県英彦山を模式産地として1961年に記載されたヒコサンミジンニナB .(M.)kikuchi、および和歌山県白浜町を模式産地として1965年に記載されたタニガワミジンニナB .(M.) minatoiも同様であり、これらは全て同物異名である。
   

生息状況 河川上流の礫や沈んだ木の葉などに付着しているが、微小種なので目につきにくい。県内には広範に分布しており、健全な産地が各地に残る。しかし、微小種であるため、その生息が認知されないまま、開発等の影響を受け、各地で消滅してしまう個体群も多いと思われる。

参考文献 波部1961, 1965, 1973, 1989, 初鹿・岡藤1979, 肥後・後藤1993, 環境省2002, 神田2001, Kuroda・Habe1957, 増野1989c, 1992c, 岡藤1977
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。