> 陸・淡水産貝類 トップページ
 マツカサガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 イシガイ科
和名 マツカサガイ
学名 Inversidens japanensis (Lea)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
宇部市
(撮影:杉村 智幸)

選択理由  湖沼および緩やかな流れのある河川の下流域や用水路などの砂泥底にすむが、河川改修や水質の悪化、あるいはグロキディウム幼生の宿主となる魚類の減少等により、各地で急速に減少している。県内で過去に記録のあった萩市および周辺町村からは、近年の調査にも関わらず記録がない。現在の確実な産地は、油谷町伊上、宇部市東岐波、山口市深溝の湖沼や細流など数えるほどしかない。

形態 殻長約60mm。殻はやや厚い。殻長部付近にさざ波状の彫刻がある。殻皮は黒く、厚い。内面は真珠光沢が強い。殻頂下の主歯は太く、三角形。後側歯は長く、背縁とほぼ平行に伸びる。なお、湖沼の個体は河川の個体よりも大型化し、宇部市東岐波大田のため池では殻長100mmを越えるものも見られる。

分布  日本固有種。本州、四国、九州に分布。県内では萩市、日置町、油谷町、楠町、秋芳町、宇部市、山口市から記録されている。県北部と中部の湖沼や細流に局地的に分布しており、県東部からの記録はない。

生息状況 湖沼および緩やかな流れのある河川の下流域や用水路などの砂泥底に生息し、グロキディウム幼生の宿主はオイカワ、カワムツ、ハス。県内の記録は3市4町の8地点に及ぶが、そのうちの5例は河本等による1950年代の古いもので、その後の記録はなかった。ところが、近年の調査で新たな産地が見出されており、特に宇部市東岐波大田の新堤は生息密度が比較的高く、巨大化した個体が見られる。山口市深溝の用水路では、イシガイやドブガイおよび近似種のニセマツカサガイと混生している。近年記録のなかった日本海側では、油谷町伊上の水田脇の細流でニセマツカサガイとともに生息していることが確認された。今後の詳細な調査によって、更に新たな産地を見出せるかもしれないが、生息可能な環境自体が急速に悪化しているため、予断を許さぬ状況であることは間違いない。

参考文献 波部1973, 肥後・後藤1993, 河本・田邊1956, 神田2001, 木村2002, 近藤1995, 2002, 松隈1986, 増野 1992c, 黒住 2000

  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。