> 陸・淡水産貝類 トップページ
 クルマヒラマキガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヒラマキガイ科
和名 クルマヒラマキガイ
学名 Hippeutis cantori (Benson)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
山口市
(撮影:増野 和幸)

選択理由  分布が局地的で希少種。本県でもわずかな地点から確認されているに過ぎない。水田、ため池、用水路などにすむが、ほ場整備や護岸改修などによって個体数が減少している。

形態 殻高約2mm、殻径約10mm。円盤型で体層は幅広く巻き上がり、殻頂部はわずかにくぼみ、正面から見ると体層しか見えない。螺塔は低くレンズ状。殻質はガラス質で薄く光沢が強い。殻色は淡い黄色ないし赤褐色で、成長脈は極めて細かく滑らか。軟体は黒色で、触角は細く長い。

分布  中国、台湾、日本では大阪府以西の本州のごく一部、隠岐、九州北部、沖縄本島、八重山諸島。県内では豊浦町室津、小野田市後潟、宇部市開作、阿知須町河内、山口市深溝唐樋、柳井市近長から知られ、県北部からは見出されていない。

生息状況 水田、ため池、用水路などの泥底や水草の上を這っていることが多いが、水面に逆さまに浮いていることも多い。季節による消長が著しく、例えば山口市深溝唐樋の用水路では、例年夏季に大発生することがある。常時生息している産地を見出すことが難しいが、流水を通じて生息地を広範に広げるので、新たな産地を発見できる可能性が高い。しかし、各地でほ場整備や用水路の護岸改修あるいは水田の干出などが進行しており、予断を許さぬ状況にある。

参考文献 福田・福田(敏) 1995, 波部1973, 肥後・後藤1993, Hosaka・Fukuda1996, 増田1995
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。