> 陸・淡水産貝類 トップページ
 ヒメマルマメタニシ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 エゾマメタニシ科
和名 ヒメマルマメタニシ
学名 Bithynia kiusiuensis S. Hirase
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
徳地町
(撮影:杉村 智幸)

選択理由  分布が局地的で、もともと希少種。本県でも分布が局限され、現在知られている産地は3地点のみ。水田や水田周辺の水路に生息するが、ほ場整備や水田の干出、渇水による水路の乾燥化などによって、近年各地で減少している。

形態 殻高約5mm、殻径約3mmの小型種。殻は薄質で半透明。各螺層はよく膨らむ。表面は平滑で光沢がある。ふたは石灰質で厚い。

分布  兵庫県以西の本州、四国北部および西部、九州(熊本、大分、宮崎)に分布する。分布域は局地的で希少種。県内では小野田市後潟、徳地町島地、柳井市からの記録があるのみ。

生息状況 現在県内では生息地が3地点と局限される。しかも水田や水田周辺の生息地は、渇水や農薬流入などの影響を受けやすいため、そこにすむ個体群は容易に消滅する可能性がある。

参考文献 福田(敏)1990, 波部1973, 肥後・後藤1993, Hosaka・Fukuda1996, 神田2001, 湊1986
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。