> 陸・淡水産貝類 トップページ
 アキヨシミジンツボ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ミズツボ科
和名 アキヨシミジンツボ
学名 Akiyoshia uenoi Kuroda et Habe
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  1954年に美祢郡秋芳町の秋芳洞を模式産地として記載され、「秋吉」を属名とする山口県特産の淡水棲性小貝である。鍾乳洞内などの石灰岩質の地下水脈中のみに生息するが、近年鍾乳洞内の観光地化や地下水脈の水質悪化に伴う環境変化によって激減している。

形態 殻高約2mm、殻径約1.3mm。真洞窟性の微小な淡水貝で、殻色は淡い褐色。盲目で触角が長い。

分布  山口県特産種。美祢市、秋芳町、美東町の石灰岩質の地下水脈中に沈んだ木材や落ち葉の上などに見られ、産地が極めて局限されている。

生息状況 県内では石灰岩質の地下水脈中のみに生息し、個体数も多くない。産地が極めて局限されているため、産地周辺の環境悪化によって、容易に絶滅し得る種である。しかも微小種であるため、その生息が確認されないまま開発等の影響を受け、各地で消滅してしまう個体群も多いと思われる。

参考文献 波部1973, 初鹿・岡藤1979, 肥後・後藤1993, 庫本1963, Kuroda・Habe1954, 増野1989c, 1992c
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。