> 陸・淡水産貝類 トップページ
 オオタニシ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 タニシ科
和名 オオタニシ
学名 Cipangopaludina japonica (Martens)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー  
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
柳井市
(撮影:杉村 智幸)

選択理由  主として水田、池、沼、川等にすみ、以前は各地で普通種であったが、家庭排水や農薬などの流入による水質の悪化、水田の干出やほ場整備などによる生息環境の変化によって近年各地で減少している。県内で確認できる生息地は山口市深溝、萩市見島など数えるほどしかない。

形態 殻高約50mm、殻径約30mm。殻表は平滑で光沢があるが、螺肋状の弱い角がある。殻色は黒い。胎児殻は小さく、周縁に著しい角のあるそろばん玉状。雌雄異体で卵胎生。蓋は革質で薄い。

分布  台湾、朝鮮、東北地方以南の本州、四国、九州に広く分布する。県内では福栄村、萩市、阿知須町、山口市、徳地町、新南陽市、徳山市、下松市、柳井市から記録されている。

生息状況 県内の広い範囲に分布していたが、近年各地で急速に個体数が減少している。水流の少ないやや閉鎖的な環境を好むため、家庭排水および水田、ゴルフ場等からの農薬の流入による水質悪化の影響を受けやすく、そこに棲む個体群の消滅を招く例が多い。萩市見島は離島のためか現在でも健全な生息地が残るものの、これまで記録のあった大半の産地では絶滅状態に追い込まれている。

参考文献 波部1973, 肥後・後藤1993 ,環境省2002, 河本・田邊1956, 増野1992c, 湊1986, 宇野2002
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。