> 陸・淡水産貝類 トップページ
 カワシンジュガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カワシンジュガイ科
和名 カワシンジュガイ
学名 Margaritifera laevis Haas
山口県カテゴリー 絶滅
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
美和町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  旧北区に分布の中心を持つ寒帯系の種で、氷河期の残存種として遺存的分布をしている。山口と広島両県境の小瀬川上流が世界的南限の産地であったが、環境悪化のため同地の個体群は絶滅した。

形態 殻長約120mm。殻はやや厚く、膨らみは弱い。殻長は前方に寄り、復縁はわずかに窪む。内面は真珠光沢が強い。主歯は大きく、後側歯はやや弱い。グロキディウム幼生の宿主はアマゴなどのサケ科魚類。

分布  シベリア、千島列島、サハリン、北海道から本州に分布。県内では玖珂郡美和町釜が原の小瀬川上流が唯一の産地であったが、環境悪化のため同地の個体群は絶滅した。

生息状況 昭和初期には小瀬川の本流と支流に多数生息しており、食用に供されることもあったという。しかし、再三にわたる自然災害やダム建設のために川床の悪化や流量の減少、濁水、水温の上昇等が引き起こされたため、生息可能な環境自体が消滅した。小瀬川上流の個体群は既に絶滅している。

参考文献 波部1973, 1976, 1977, 1988, 波部・湊1991, 肥後・後藤1993, 広島県野生生物保護対策検討会1995, 金井1972, 1973, 河本1928a, 1928b, 河本・田邊1956, 増野1992c, 岡村1997, 内藤1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。