> 陸・淡水産貝類 トップページ
 イワミマイマイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オナジマイマイ科
和名 イワミマイマイ
学名 Euhadra senckenbergiana occidentalis Azuma, Tatewaki et Okamura
山口県カテゴリー 情報不足
環境省カテゴリー 情報不足
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
錦町
(撮影:藤原 廣治)

選択理由  島根県西部の日原町を模式産地として記載された、大形で重厚な殻をもつマイマイ類である。生息が島根県西部の美濃、鹿足郡の山間部、山口県の徳地町、鹿野町、錦町で確認されているが、いずれも個体数が少ない。生息環境が山間部の広葉樹林帯とされ、谷間で栽培されるワサビ畑の周辺で生貝が観察されている。過去において、県内で記録された例は少なく、大形種の割には情報量が少ない。

形態 殻は県内に分布するイズモマイマイやダイセンニシキマイマイに酷似し、色帯は濃い紫褐色のツクシマイマイ模様。螺塔は低く扁平である。殻高約29mm、殻径約50mmと大形である。体層は著しく大きく、周縁は丸い。イズモマイマイと比較すると、より扁平で臍孔が広く浅く開口する点で異なる。

分布  模式産地である島根県西部のごく狭い範囲に生息するとされたが、その後の調査で山口県東部の徳地町、鹿野町、錦町で記録され、さらに広島県北西部にも生息域をもつことが報告されている。

生息状況 生息地である島根・広島・山口三県の県境一帯は、豊かな広葉樹林が茂る原生林で、その山間部の沢筋の礫石の上に堆積した落葉の下は格好の生息場所となっている。陸産貝の中でも大形のマイマイ類であるが稀産であるため、詳しい生態はわかっていない。

参考文献 東1995, 東ほか1987, 環境省2002, 増野1992c, 湊1988, 岡村1997
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。