> 陸・淡水産貝類 トップページ
 オオコウラナメクジ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オオコウラナメクジ科
和名 オオコウラナメクジ
学名 Nipponarion carinatus Yamaguchi et Habe
山口県カテゴリー 情報不足
環境省カテゴリー 準絶滅危惧
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
須佐町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  山口県内のオオコウラナメクジの記録例はほとんどなく、これまで 等の証拠のあるものとしては数例しかない。

形態 軟体部は褐色で淡い褐色の斑点がある。体長約50mm、体幅約15mmと大形である。体の前方、頭部、触角は暗褐色で、背上の甲羅(平たい殻)が大きく(縦約12mm、横約8mm)、それより後方の背面上に著しい稜角がある。

分布  本州、四国、九州に分布するが、記録地は少なく点在している。山口県内の観察記録は少なく、須佐町、萩市、小郡町の3カ所から、各1個体ずつ記録されたにすぎない。

生息状況 山地性で、広葉樹の落葉堆積の見られる林床に生息する。観察する機会が少なく、県内での情報は非常に少ない。

参考文献 東1995, 環境省2002, Kano2001, 湊1986, 1987, 1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。