> 陸・淡水産貝類 トップページ
 タキカワオオベソマイマイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オナジマイマイ科
和名 タキカワオオベソマイマイ
学名 Aegista friedeliana aperta (Pilsbry)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー  
   
秋芳町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  殻高約7mm、殻径約15mm、淡い褐色の低い円錐形をした巻き貝です。和名は臍孔が大きいことと、初めて採集した瀧川昇平(1876〜1943)に献名されたことによります。山口県下関市を模式産地として記載され、生息は県中央部から西部に偏って分布しています。生息環境は落葉広葉樹の林床の落葉下ですが、山地性ではなく人家周辺のブッシュや里山の林床に見られ、寺社林は恰好の生息地です。生息密度は極めて小さく、比較的多い生息地でも数平方キロメートルに1個体といった程度です。林内の攪乱等による環境の変化によって、生息が脅かされることが考えられます。

選択理由  山口県豊浦郡出身の瀧川昇平(1876〜1943)の採集標本をもとに、下関市吉見町(旧 豊西上村)を模式産地として記載された。九州に広く分布するフリイデルマイマイの亜種とされ、殻表の鱗片状突起物の有無により区別される。生息地は点在し、個体数は少ない。落葉広葉樹の林床落葉下に生息し、近年、林床の攪乱等による生息環境の悪化により、個体数が減少している。

形態 殻高約7mm、殻径約15mm、淡い褐色の殻色。螺塔は低い円錐形。体層周縁は丸い。和名は臍孔が大きいことと、初めて採集した瀧川に献名されたことによる。横から見ると、殻口がほとんど円形に見え、亜種のフリデルマイマイや近似種のコウベマイマイとは区別できる。

分布  山口県下関市を模式産地とし、生息は県中央部から西部に偏る。須佐町、萩市、福栄村、長門市、油谷町、豊北町、下関市、豊浦町、美祢市、秋芳町、美東町、楠町で記録されている。県中央部の秋吉台では、西日本に広く分布する近似種のコウベマイマイと混生が確認されている。

生息状況 生息環境は、落葉広葉樹の林床の落葉下である。山地性ではなく、人家周辺のブッシュの草むらや里山の林床に生息し、寺社林は恰好の生息場所である。生息密度は極めて低く、比較的多い生息地でも数平方メートルに1個体といった程度である。

参考文献 東1995, 環境省2002, 河上ほか1990, 河本・田邊1956, 増野1989c, 1992c, 湊1988, Pilsbry1900
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。