> 陸・淡水産貝類 トップページ
 アズキガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 アズキガイ科
和名 アズキガイ
学名 Pupinella rufa(Sowerby)
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー  
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
萩市
(撮影:増野 和幸)

選択理由  本州(長野県以西)から四国、九州にわたって、広い範囲に分布する種である。しかし、生息地は限られており、個体数も少ない。中国地方における産地も極めて少なく、山口県内では中国山地沿いの県北東部に点在している。生息地の湿気や落葉の堆積など、林内環境の変化により、各地で生息地の消滅のおそれがある。

形態 殻は小形で、殻高約9〜12mm、殻径約5mm前後の深紅色をした巻き貝である。殻色がアズキ(小豆)に似ているので、この名がある。殻口は丸く、厚く縁どられ、内唇の前後には溝がある。角質円形の蓋をもつ。

分布  本州(長野県以西)、四国、九州、対馬、トカラ列島に分布。県内では、萩市、福栄村、阿武町、秋芳町、美祢市、豊田町、鹿野町、岩国市などで記録されているが、いずれの場所も狭い範囲に限られ、個体数も多くない。

生息状況 林床の落葉や倒木の下、古木の根元など、やや湿気の多い場所を好んで生息する。単独でいることは少なく、数個体が一緒に見られることが多い。しかし、個体数は少なく、その生息は局地的で、ごく稀にしか観察されない。萩市笠山では、10年ほど前、巨木の根元の空洞に普通に観察されたが、今日では生貝を見ることができなくなった。

参考文献 東1995, 環境省2002, 河上ほか1990, 増野1992c, 増野・阿部1999, 湊1978b, 1986, 1988, 谷岡2002
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。