> 陸・淡水産貝類 トップページ
 ベニゴマオカタニシ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ゴマオカタニシ科
和名 ベニゴマオカタニシ
学名 Georissa shikokuensis Amano
山口県カテゴリー 準絶滅危惧
環境省カテゴリー  
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
秋芳町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  殻高約2.5mm、殻径約2.2mmで、螺層が4層の赤紅色の微小巻き貝です。好石灰岩性で、石灰岩地特産種です。各産地での生息個体数は多いのですが、森林内にある石灰岩表面に限られ、適度な湿度と食餌となる石灰岩表面に生える藻類や菌類の存在が必要となります。全国的には栃木県以西の本州、四国、九州の石灰岩地に分布しています。県内では、川上村、旭村、美東町、秋芳町、美祢市、豊田町の石灰岩の露頭で観察できます。10年ほど前に比較すると、石灰岩を擁する森林の開発、伐採が進み、林内の乾燥が進行して生息に影響する状況になっています。

選択理由  好石灰岩性で、石灰岩地特産種である。各産地での生息個体数は多いが、森林内にある石灰岩表面に限られ、適度な湿度と食餌となる石灰岩表面に生える菌類や藻類の存在が必要となる。森林開発に伴う乾燥化や石灰岩の減少等により、個体数が激減するおそれがある。

形態 殻高約2.5mm、殻径約2.2mmで、螺層が4層の赤紅色の巻き貝である。薄い角質のふたをもつ。殻表の螺肋は微細で目立たない。同属のゴマオカタニシが強い螺肋を巡らせる点で両種の区別は容易である。

分布  全国的な分布は、栃木県、長野県、静岡県、愛知県、岐阜県、和歌山県、徳島県、高知県、愛媛県、山口県、大分県の石灰岩地である。山口県内では、川上村、旭村、美東町、秋芳町、美祢市、豊田町の石灰岩の露頭で観察される。

生息状況 石灰岩の表面に、数十個体が群棲する。雨水の侵食によりできた岩石表面の空洞や表面に生えるコケ類のかげで、乾燥から身を守る。冬から春にかけては、石灰岩の割れ目や、堆積した落葉と石灰岩とのすき間で冬眠する。10年ほど前に比較すると、石灰岩を擁する森林の開発、伐採が進み、林内の乾燥が進行して生息に影響する状況になっている。

参考文献 東1995, 早瀬・波部1991, 環境省2002, 河上ほか1990, 河本・田邊1956, 増野1992c, 2000a, 湊1980, 1986, 1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。