> 陸・淡水産貝類 トップページ
 イズモマイマイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オナジマイマイ科
和名 イズモマイマイ
学名 Euhadra idzumonis(Pilsbry et Gulick)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー  
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
   
旭村
(撮影:増野 和幸)

選択理由  殻は大形で、殻高約38mm、殻径約55mm。殻色は黄褐色から赤褐色を呈し、肉厚で重厚感のある殻です。島根県松江市を模式産地とし、中国山地沿いに山口県まで分布しています。県内では萩、阿武地方においては海岸近くまで生息していますが、山地性の傾向をもつ種です。山口県は分布の西限にあたり、萩市から県中央部の美東町を結ぶ線上の生息がその西限になっています。広葉樹の落葉下を好み、地上を匍匐しながら落葉や柔らかい植物などを食べます。近年、山林の開発等によって林床の乾燥化が進み、その個体数は激減しています。

選択理由 

島根県出雲地方の松江市を模式産地とし、中国地方を代表する大形の陸産貝である。分布の中心は島根県であるが、中国山地沿いに山口県にも分布する。県内では萩、阿武地方では海岸近くまで生息するが、山地性の傾向の強い種である。広葉樹の落葉下を好み、地上を葡匐しながら落葉や柔らかい植物などを食す。山林の開発や林床の攪乱等により生息環境の悪化が進み、個体数が激減している。


形態

殻は大形で、殻高約38mm、殻径約55mm。殻色は黄褐色から赤褐色を呈し、肉厚で重厚感のある殻である。県内で観察される個体の色帯はツクシマイマイ模様が多いが、無帯のものもわずかに記録されている。山地性の個体は大形で、平地に下るにつれて小形となる傾向がある。


分布  島根県を中心に山陰地方に細長い生息域をもつ。島根県隠岐諸島にも分布する。山口県内の生息は分布の西限に位置し、萩市から県中央部の美東町を結ぶライン上の生息はその西限を示す。萩市、川上村、旭村、福栄村、阿東町、須佐町、美東町、鹿野町、錦町、岩国市、徳山市、新南陽市、柳井市での記録がある。

生息状況 広葉樹を主とする落葉林の林床に生息する。県内のマイマイ類の中では最大級のサイズであるが、殻色が地味であるために発見しにくい。落葉下や山林の灌木内を注意深く探索すれば見出すことができる。

参考文献 東1995, 環境省2002, 河上ほか1990, 河本・田邊1956, 増野1992b, 1992c, 湊1986, 1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。