> 陸・淡水産貝類 トップページ
   コオオベソマイマイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オナジマイマイ科
和名 コオオベソマイマイ
学名 Aegista proba minula (Pilsbry)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー  
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
   
徳山市
(撮影:藤原 廣治・杉村 智幸)

選択理由  殻高6mm、殻径8mm程度と小型で、薄質褐色の殻を持ち、臍孔は広くなっています。海岸近くの人里周辺の草むらや藪などに生息しています。秋田県から山口県までの本州と四国に分布しますが、山口県に隣接する島根・広島両県からの記録がありません。県内では瀬戸内海側の防府市、徳山市、下松市から知られるのみで、いずれの産地も島か半島の先端部に限られます。生息密度は高いのですが、人里周辺のごく限られた範囲に生息しますので、生息地周辺の環境保全に努めることが大切です。

選択理由  秋田県から山口県までの本州と四国に分布するが、その分布の中心は近畿地方である。山口県に隣接する島根、広島両県での記録はなく、山口県内の分布は全国的にも貴重なものである。県内での記録はごく限られた場所で、生息密度は高いが環境の変化の影響を受けやすく、絶滅のおそれが高い。

形態 殻は扁平で薄く、殻高約5〜6mm、殻径約8〜9mmの低い円錐形をしている。殻は褐色で、表面には伏したごく細かい鱗片状の殻皮が密生している。体層周縁は丸いが弱く角張る。殻は小さいながら殻口は反転する。臍孔は大きく、殻径のおよそ1/3を占める。

分布  全国的な分布は、秋田県から山口県までの本州と四国。山口県内の分布は狭く、防府市、徳山市、下松市と県東部の瀬戸内側に偏っている。いずれの産地も島や半島部の極めて狭い範囲である。

生息状況 生息地は海岸に近接した林縁にある藪や、人家周辺に広がる畑近くの草むらなど、人の住む生活圏の中にある。場所によっては生息密度が高く、1平方メートルあたり10個体程度が観察されることもある。しかし、生息する範囲は数平方メートルときわめて狭い。生息地が人里にあり、わずかな環境の攪乱によって生息地が消滅する可能性がある。

参考文献 東1995, 環境省2002, 河本・田邊1956, 増野1992b, 1992c, 湊1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。