> 陸・淡水産貝類 トップページ
 ヒダリマキゴマガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ゴマガイ科
和名 ヒダリマキゴマガイ
学名 Palaina pusilla pusilla(Martens)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー  
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
川上村
(撮影:増野 和幸)

選択理由  全国に広く分布するが、中国地方西部からの記録は少なく、山口県内の産地は8カ所と局限されている。広葉樹林の落葉下に生息するが生息域が狭い。林床の攪乱等により生息地が消滅しつつある。

形態 殻はほかのゴマガイが右巻きであるのに対し左巻きで、殻高約2mm、殻径約1mmと微小である。体層が5層の卵形をしている。殻表には明瞭な斜めの肋条があり、淡い黄色で光沢がある。殻口は斜位で丸く、口縁は二重で外側に広がる。

分布  全国各地に分布するが、中国地方の広島、島根、山口の三県の記録は、極めて少ない。県内の記録は、阿東町、むつみ村、萩市、川上村、福栄村、秋芳町、美祢市、錦町。

生息状況 広葉樹林や豊かな自然の残る神社叢の林床に堆積した落葉下に生息するが、生息密度は低い。微小である上に殻色が淡く、落葉裏側を慎重に観察しなければ確認はできない。

参考文献 東1995, 環境省2002, 増野1992c, 湊1986, 1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。