> 陸・淡水産貝類 トップページ
 ヤマキサゴ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヤマキサゴ科
和名 ヤマキサゴ
学名 Waldemaria japonica (A.Adams)
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー  
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
阿武町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  本州、四国、九州北部に分布するが、山口県では、ごく限られた場所で生息が確認されているにすぎない。個体数は少なく、生息密度も低い。広葉樹林の落葉の堆積下で観察されるが、林床の攪乱や森林の開発により生息地が消滅しつつある。

形態 殻は小形で、殻高約5.5mm、殻径約8mm。螺層は4 1/2層、厚質で堅固な殻と半月状の石灰質の蓋をもつ。殻内部では螺層間の内壁がなくなり、軟体部をおさめる1つの大きな空間になっている。殻色は澄色または黄色。

分布  本州、四国、九州北部に分布する。山口県内では県北部と東部に偏って生息する。いずれの生息地も、個体数は少ない。須佐町、阿武町、阿東町、福栄村、川上村、萩市、徳地町、鹿野町、柳井市、上関町、大島町、錦町で記録されている。

生息状況 広葉樹林の落葉の堆積下に生息する。やや乾燥した岩場を好む。生息密度にはむらがあり、狭い範囲に複数個体が集まって観察される場所と、数平方メートルに1個体という場合もある。

参考文献 東1995, 環境省2002, 河上ほか1990, 河本・田邊1956, 松隈2001, 増野1992c, 1986, 1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。