> 陸・淡水産貝類 トップページ
 オオケマイマイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 オナジマイマイ科
和名 オオケマイマイ
学名 Aegista vulgivaga vulgivaga (Schmacker et Boettger)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー  
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
愛知県
(撮影:杉村 智幸)

選択理由 

全国的な分布は、関東以西の本州、四国東部である。中国地方では広島、島根両県の東部までには生息するが中、西部には生息が見られない。県内の生息は貴重である。生息域が極めて狭く、個体数も著しく少ない。


形態 殻高約11.3〜15mm、殻径約20〜28mmで、低く扁平なレンズ形をした螺塔である。殻色は黄褐色から鈍い褐色。周縁角は鋭くとがり、殻表に鱗片状の剛毛を放射状にもつ。臍孔は広く深い。県内に広く分布するチクヤケマイマイに殻形やサイズが類似するが、チクヤケマイマイは殻表に細かな波状・鱗片状様のもので覆われる点で、明瞭に区別される。

分布 

本州(関東以西)、四国(東部)に分布するが、中国地方では広島、島根両県の東部までで、広島、島根両県の中、西部には記録がない。しかし、山口県では川上村、徳地町、鹿野町、徳山市、東和町で確認されている。


生息状況

生息場所は、落葉広葉樹の林床で、渓流沿いの礫石の斜面の倒木やシダ類の繁茂した根元、落葉下などである。やや腐食した落葉堆積にも見られる。同科のチクヤケマイマイが山地に限らず、やや乾燥した里山の落葉下に濃密に生息するのに対して、山地性で生息密度は極めて低い。県内の記録は古いもので、近年、生貝の生息が報告されていない。


参考文献 東1995, 藤原・土田1990, 環境省2002, 河本・田邊1956, 増野1992c, 湊1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。