> 陸・淡水産貝類 トップページ
 サナギガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 サナギガイ科
和名 サナギガイ
学名 Pupilla cryptodon (Heude)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
日置町
(撮影:杉村 智幸)

選択理由  中華人民共和国の江蘇省から記載された微小な陸産貝である。海岸の砂浜に続く草むらに生息することが知られているが、日本での分布は局限されている。また、中国大陸から朝鮮半島の比較的寒冷な地域に分布の中心があり、日本での生息は寒冷時代の遺存種と考えられる。山口県内においては、日本海側のごく限られた場所に生息しているが、砂浜海岸の荒廃とともに海浜植物への薬剤の散布等により生息環境が悪化し、生息範囲、個体数ともに減少している。

形態 殻高約3mm、殻径約2mmと小形で薄質で堅固な殻をもつ。螺塔の高さには変異があり、著しく引き伸ばされた俵形を示す個体から球形に近い個体などが観察される。殻口は丸く、体層から離れて反転する。成貝では内唇に接近した2歯、軸唇に1歯、外唇内側に離れた2歯をもつ。殻色は淡褐色であるが、死殻は白色である。

分布  兵庫県、広島県、香川県の瀬戸内海沿岸部、石川、山口両県の日本海沿岸部、福岡県、長崎県に分布する。本県では、日本海側の日置町、豊北町の2カ所のみから記録されている。

生息状況

海岸の砂浜潮上帯からハマオモト-ハマゴウ群落の落葉の中で観察される。こうした場所は、乾燥した砂の上に堆積した落葉や朽ち木などが集まり、適度な湿り気を帯びている。


参考文献 環境省2002, 松隈2001, 増野1992c, 湊1986, 1988, 山下・福田1996
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。