> 陸・淡水産貝類 トップページ
 イトウムシオイガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ムシオイガイ科
和名 イトウムシオイガイ
学名 Chamalycaeus itonis itonis Kuroda
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
川上村
(撮影:増野 和幸)

選択理由  殻高約2mm、殻径約4.5〜5mmで4層の扁平な微小陸貝です。殻色は淡紅色で、体層の終わり近くは異常な成長をして、奇形のように深くくびれています。本科の特徴である紐状の呼吸管が、殻口背部に見られます。中国地方に分布しますが、その記録は模式産地の岡山県新見市のほかに、広島県吉和村、島根県匹見町、そして山口県の福栄村佐々連、川上村長門峡というごく限られた場所です。広葉樹林の林床に生息し、やや湿気の多い腐葉や倒木が堆積している場所を好みます。微小な陸貝だけに、環境の変化に弱く、森林伐採や客土などにより、生息地が消滅する恐れがあります。

選択理由  岡山県新見市を模式産地として記載され、奇形とも思える貝殻をもつ。中国山地を東西に数力所、不連続的に分布する。山口県内の生息地は局所的で、いずれの生息地でも森林開発等により、生息環境が変化し、個体数が減少している。微小な陸貝だけに環境の変化に弱く、森林伐採や客土などによる変化で、容易に絶滅するおそれがある。

形態 殻高約2mm、殻径約4.5〜5mmで、螺層は4層、殻は扁平で、淡紅色で、体層の終わり近くは異常な成長をして奇形のように深くくびれる。蓋は薄く角質で丸い。本科の特徴である紐状の呼吸管が、殻口背部に見られる。

分布 

中国地方に分布するが、その記録は模式産地の岡山県新見市のほかに、広島県吉和村、島根県匹見町、そして山口県の福栄村佐々連、牧、川上村長門峡、相原というごく限られた場所である。また、近年、四国(愛媛県北部)でも確認された。山口県内にはムシオイガイ科に属する種類が、ほかにも4種類みられるが、その中でも生息範囲が狭く、個体数も少ない。


生息状況 広葉樹林の林床に生息し、やや礫砂が土台にあるようなやや湿気の多い腐葉や倒木が堆積している場所を好む。殻径が5mm程度と微小なため発見がむずかしい。

参考文献 東1995, 環境省2002, 河上ほか1990, 増野1992c, 湊1986, 1988, 湊ほか1994, 岡1997, 矢
野・石川1994
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。