> 陸・淡水産貝類 トップページ
 ハンジロギセル ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 キセルガイ科
和名 ハンジロギセル
学名 Pinguiphaedusa hemileuca hemileuca(Pilsbry)
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
島根県
(撮影:杉村 智幸)

選択理由  島根県大田市を模式産地として記載され、広島県西部から山口県にかけてのごく狭い地域にしか生息していない稀産種である。山口県では錦町寂地山からの記録があるのみで、個体数も少ない。広葉樹林の開発等による生息環境の悪化により、絶滅のおそれが高い。寂地山からの個体は、広島県福王寺を模式産地とするサンヨウハンジロギセルとされていたが、現在はハンジロギセルの同物異名とされている。

形態 殻高約23mm、殻径約3.8mm、螺層は11.5層の紡錘形をしている。殻口は卵形、その周縁は広がり反転して厚くなる。軟体の背面・側面は、うす暗い褐色模様がある。学名と和名の由来は、各層の下半分が赤褐色、上半分が白色と明瞭に色分けされていることによる。

分布  島根、広島両県の西部から山口県にかけて分布する。山口県内の生息地は、錦町寂地山のみで、個体数は極めて少ない。

生息状況 樹上性で、広葉樹林のコケが付着したような古木や倒木の樹皮裏などで観察される。冬期は倒木の奥深くや樹洞、落葉下で越冬する。

参考文献 東1995, 環境省2002, 増野1992c, 湊1983a, 1988, 1994, 岡村1997, 多田1974, 土田ほか1978
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 維管束植物 | コケ類 | 陸・淡水産貝類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。