> 陸・淡水産貝類 トップページ
 ホラアナゴマオカチグサガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 カワザンショウガイ科
和名 ホラアナゴマオカチグサガイ
学名 Cavernacmella kuzuuensis(Suzuki)
山口県カテゴリー

絶滅危惧IA類

環境省カテゴリー 準絶滅危惧
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:増野 和幸)

選択理由  石灰洞内の湿った壁面に生息する、真洞窟性の巻き貝である。山口県内では、秋芳洞をはじめ景清洞、大正洞、佐々連洞などで観察されるが、近年洞内の観光地化が進み、それに伴う環境の変化によって個体数は激減している。

形態 殻は微小で、殻高約2mm、殻径約1.3mm、螺層4.5層。薄く半透明で、淡い黄褐色である。螺層は急に膨大となる。殻頂は鈍い。殻口は円い洋梨形。軸唇は強く弧状となり、少し反転して臍孔の一部を覆う。外唇は薄く鋭い。臍孔は狭く深い。洋梨形の石灰質の蓋をもつ。

分布  本州、四国、九州、八重山諸島の石灰洞窟の湿った壁面に生息する。山口県では秋芳洞、大正洞、 景清洞、中尾洞、佐々連洞などで観察される。いずれの場所も観光地化等によって洞内の壁面が乾燥するなど、生息環境が悪化し絶滅の可能性が高い。

生息状況 石灰洞内の湿った壁面で葡匐生活をする。かつて秋芳洞内にはたくさんの個体が観察されたが、現在では洞内が乾燥し、生貝を探すのが非常に困難である。観光洞から奥に入った人工的な光の入らない場所では、適度に湿った石灰岩柱の表面に見出すことができる。

参考文献 東1995, 波部1942, 伊藤1967, 神田1992, 環境省2002, 河本・田邊1956, 庫本1963, 増野1989a, 湊1986, 1988, 岡藤1957
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。