> 陸・淡水産貝類 トップページ
 タダムシオイガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ムシオイガイ科
和名

タダムシオイガイ

学名 Chamalycaeus tadai Kuroda et Kawamoto
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー 情報不足
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
萩 市
(撮影:増野 和幸)

選択理由  殻は小形で、殻高約2.3mm、殻径約4.2mmの扁平な巻き貝です。萩市見島出身の多田武一(1899〜1986)が、同島で唯一原生林の残る日崎の山頂部で発見しました。見島特産種で、近年生息地の環境が悪化し生息が危ぶまれるため、萩市は2001年に市の天然記念物に指定しました。殻の外観はほかのムシオイガイ科の貝類と変わりませんが、殻表に明瞭な成長脈があり、赤褐色をしています。また、この科の特徴である呼吸管が短くなります。最近の調査で日崎にのみ生息すると考えられていましたが、本村から宇津に向かう沿道の笹藪の中に、生息が確認されました。

選択理由  多田武一(1899〜1986)が萩市見島で採集した個体をもとに、1956年に同島を模式産地として記載された。萩市見島の特産種である。生息は、同島の南東部にある日崎に局限されている。10年ほど前と比べて、生息地である山頂部(標高82.1m)の環境が悪化し、個体数が減少している。萩市は、2001年に市の天然記念物に指定した。

形態 殻は小形で、殻高約2.3mm、殻径約4.2mm。殻の外観はほかのムシオイガイ科の貝類と変わらないが、殻表にはっきりとした成長脈があり、赤褐色で光沢がない。螺塔が低く、殻唇は内部に肥厚せず、単純に広く拡張するのみである。臍孔が広い。また、この科の特徴である呼吸管は短い。

分布  萩市見島のみに生息する。見島日崎に限って生息すると考えられていたが、その後の調査で本村から宇津に向かう沿道の笹藪の中に、密度は小さいが生息が確認された。いずれの場所も生息数が少なく、生息環境の維持、保全が必要である。

生息状況 本種の生息する日崎は島の南東部に突き出た半島部にあり、ヤブニッケイ、エノキなどの大木の間にマルバグミが茂る原生林になっている。日崎は島内で唯一広葉樹の繁茂する地域であり、その林床の落葉や砂礫の中に生息する。しかし、岩の自然崩落や日崎にある祠への参拝者の出入り等により、山頂部は次第に照度、湿度とともに生息にとって悪い状態になっている。

参考文献 東1995, 福田敏1995, 環境省2002, 河上1990, 河本・田邊1956, 黒田・河本1956, 増野1989d, 1992c, 湊1986, 1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。