> 陸・淡水産貝類 トップページ
 サドヤマトガイ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヤマタニシ科
和名 サドヤマトガイ
学名 Japonia sadoensis Pilsbry et Hrase
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー  
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
上関町
(撮影:杉村 智幸)

選択理由  関東以南の本州、四国、九州北部に分布するが、生息範囲は狭く個体数も極めて少ない。山口県では、3カ所から記録されているにすぎない。いずれの産地も森林の伐採等による生息環境の悪化により、個体数が減少している。

形態 殻高約5mm、殻径約6mmほどの円錐形で、薄質でもろい殻である。その体層表面には、針状の殻毛が2列生える。螺層は約5層であるが、各層はよく膨らむ。殻色、殻毛の色ともに黒褐色である。殻口は丸く全縁であるが、肥厚しない。角質多旋形の薄い蓋がある。

分布  模式産地の新潟県佐渡島のほか、関東以南の本州、四国、九州北部に分布するが、とりわけ四国には密度濃く分布する。中国地方での記録はほとんどなく、山口県での生息は貴重である。県内の産地は、上関町、大和町、岩国市と県東部の3カ所に局限されている。

生息状況 常緑広葉樹の繁茂する林床に見られ、記録された場所はいずれも神社叢であり、保護林として自然のよく保たれた環境である。生息環境は、林内の礫の上に堆積した落葉下で、やや乾燥気味の場所である。生息地での個体密度は低い。

参考文献 東1995, 藤原1990, 福田(敏)1995, 河本・田邊1956, 湊1986, 1988
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。