> コケ植物 トップページ
 イチョウウキゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ウキゴケ科
和名 イチョウウキゴケ
学名 Ricciocarpos natans (L.) Corda
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
(撮影:南 敦)

選択理由  池や水田の水面に浮かんで生育する苔であるため、環境の変化に非常に弱い。

形態 植物体は緑色で赤みを帯びる。葉状体は長さ1〜1.5cm、幅4〜8mm、密に2叉状分岐をくり返しイチョウ形となり、半円形以上になると2つに割れて2個体となる。気室は数層、気室孔は小さく単純。葉状体の横断面の両端はまるい。腹鱗片は多数つき、紫色、長いリボン状、縁に微鋸歯がある。生殖器官は稀、雌雄同株。

分布  日本では北海道、本州、四国、九州、琉球、小笠原に分布する。県内では各地から記録される。国外では世界各地に分布する。

生育状況 各地の池、水田に浮かんで生育する。また、水を抜いた水田にも生息する。

文献  岩月・水谷 1972,1979, 岩月 2001, 鈴岡 1977,1982
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。