> コケ植物 トップページ
 イワノコギリゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ムジナゴケ科
和名 イワノコギリゴケ
学名 Duthiella wallichii (Mitt.) Mull. Hal.
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:塩見 隆行)

選択理由  湿った石灰岩上に生育するやや大形の蘚で、色は緑色〜黄緑色です。葉は卵状披針形で、葉身部に耳はなく、また、葉先はよじれていません。同属のマツムラゴケでは葉身部は不明瞭ながら耳状になり葉先はよじれています。葉縁には鋸歯があります。葉身細胞は菱形〜六角形で、長さと幅の比は1〜2.5:1、マツムラゴケでは3〜6:1です。細胞表面のパピラは1個だけです。

選択理由  秋芳台域に生育する南方系の稀産の蘚で、個体数が非常に少なく、環境の変化で容易に失われやすい。

形態 植物体はやや大形で緑色-黄緑色。第1次茎は大きさ1.5×0.5mmの三角形の小さい葉をつける。第二次茎は長さ70mmで葉を密につけるがあまり扁平にならない。葉は卵状披針形で葉身部に耳はなく、(マツムラゴケでは葉基部は不明瞭ながら耳状になり、葉先はよじれる。)葉先はよじれない。長さ3〜3.5mm、葉縁には鋸歯がある。葉身細胞は菱形-六角形で長さ20〜40μm(長さと幅の比は1〜2.5:1、マツムラゴケでは長さと幅の比は3〜6:1)表面の乳頭は1個だけで細胞は明るい。雌雄異株。

分布  日本では本州、四国、九州、琉球に分布する。県内では秋芳町、美東町から記録される。国外では台湾、中国、フィリッピン、ジャワ、ヒマラヤに分布する。

生育状況 石灰岩壁に生育する秋芳洞では、石灰岩壁にマツムラゴケの間に挟まれて生育。美東町では大正洞上方のドリーネで海抜240mという高い場所に見られるのは、石灰洞口から噴出する暖気流の影響と考えられる。

文献  岩月・水谷 1972,1979, 岩月 2001, Noguchi 1989, 塩見 1991
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。