> コケ植物 トップページ
 クマノゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 キセルゴケ科
和名 クマノゴケ
学名 Theriotia lorifolia Card.
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
   

選択理由  渓流中の岩上に生育する蘚で、環境破壊で個体数の減少が著しい。

形態 植物体は小形で暗緑色で光沢がある。茎は非常に短い。葉は通常やや幅広い基部からひも状に長く伸び長さ6〜12mm、乾くとゆるく内側に巻く。中肋は葉身の大部分を占め、葉身の横断面は楕円形に近く、背腹の表面および中央に各1層の葉緑細胞があり、それらの間は各数層の透明細胞で占められる。内雌苞葉は通常葉よりもはるかに小さく薄くて透明、中肋は葉身部と同じくらいの長さに伸出し、葉身上部の縁には長い波曲する透明な毛が密生する。さくはイクビゴケに似て非相称で長さ約5mm。

分布  日本では本州、四国、九州に分布する。県内では豊北町、豊田町、秋芳町、美東町、阿東町、山口市、徳地町、鹿野町、岩国市、錦町から記録される。国外では朝鮮半島、中国、インド、パキスタンに分布する。

生育状況 各地の渓流や滝の水をかぶる岩上に生育する。

文献  岩月・水谷 1972,1979, 岩月 2001, Noguchi 1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。