> コケ植物 トップページ
 オオミズゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ミズゴケ科
和名 オオミズゴケ
学名 Sphagnum palustre L.
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
   

選択理由  園芸愛好家や園芸業者により採取されることが多い蘚で、また開発により湿地が失われることにより各地で減少が著しい。

形態 茎は10cm以上になり、頂端付近に多くの枝が集まってつく。茎の表皮細胞には明瞭ならせん状の肥厚があり、表面に1〜4個の孔がある。茎葉は舌状で先端はささくれる。枝葉は鱗状につき長さ1.5〜2mm、円状楕円形で深く凹む。葉縁は内曲し、細かい目立たない歯がある。葉細胞には大形、菱形の透明細胞と、線形で目立たない葉縁細胞の2種があり交互に並んでいる。透明細胞には数本の横線状の肥厚が見られ表面にいくつかの孔がある。横断面で葉縁細胞は三角形、透明細胞に挟まれるが、葉の腹面にかたよるため、上方に開けて見える。雌雄異株でめったにさくを着けない。

分布  日本では北海道、本州、四国、九州に分布する。県内では豊浦郡から玖珂郡かけて広く記録される。国外では世界各地に分布する。

生育状況 低海抜地から低山地、さらにブナ帯まで、石灰岩地を除く各種岩質の土壌で、特に花崗岩地に多く見られ、多湿の地上に白緑色の大形の群落をつくって生育する。

文献  岩月・水谷 2001, 岩月・水谷 1972, Suzuki 1972
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。