> コケ植物 トップページ
 ササオカゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヤナギゴケ科
和名 ササオカゴケ
学名 Sasaokaea aomoriensis (Paris) Kanda
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
阿知須町
(撮影:塩見 隆行)

選択理由  低地の湿地や池の縁、ときに水中に生える大形の蘚です。茎は長さ10〜20cmで、羽状に分枝し、多くの糸状の毛葉をつけています。茎葉は、卵状披針形で凹み、鋭頭で鎌状に曲がっています。葉先近くの縁には小歯があります。中肋は1本で葉長の3/4以上に達しています。葉身細胞は線形で薄壁です。翼部の細胞はあまり分化していません。雌雄異株です。さくは未知。本州〜九州と中国に隔離分布しています。

選択理由  低地の湿地に生育する蘚であるため、開発による消滅が著しい。

形態 植物体は白緑色で下部は褐色である。茎は倒れることが多く、長さ10cm以上になる。葉をつけた幅は2.0〜2.5mmで先端はしばしば湾曲する。葉はまばらに平面につき、枝は少なく、枝の長さは5〜10mmで広くひろがる。茎には毛葉が多い。毛葉は糸状で先はしばしば2叉となっている。茎葉は長卵形で大きさ2.3×0.9mm、先は尖り表面は凹む。葉縁は先端部に鋸歯がある。中肋は1本で葉長の3/4に達する。枝葉は茎葉より小さく長披針形である。中部の細胞は先が尖った線状で大きさ40〜60×3〜4μm、細胞膜は薄い。上部の細胞は細長く、いくらか大きく大きさ12〜20×9〜12μmで薄膜である。さくは見つかっていない。

分布  日本固有種。本州に隔離分布する。県内では阿東町、阿知須町、田布施町から記録されている。このうち田布施町の産地は現状不明。全国的に希産の蘚である。

生育状況 低海抜の沼地、水田、堤、池の縁の湿地上に生育する。

文献  岩月・水谷 1972,1979, Kanda 1976, Noguchi 1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。