> コケ植物 トップページ
 オオミツヤゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ツヤゴケ科
和名 オオミツヤゴケ
学名 Entodon conchophyllus Card.
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
   

選択理由  山地山頂の樹上に生育する蘚であるため、環境破壊のため個体数の減少が著しい。

形態 葉は卵形-楕円状卵形で深く凹み、先端は急に細く尖り長さ1.5〜2mm。葉縁は先端を除き全辺、中肋は2叉して短い。葉身細胞は線形で幅5〜7μm。雌雄同株(異苞)。さく柄は長さ5〜20mm。本種の著しい特徴は、さくがツヤゴケ科の他種よりも短くて卵形であること、胞子が著しく大きく球形-楕円形で長径35〜55μmにも達することである。口環はよく分化し、内外両さく歯には乳頭がある。内さく歯の歯突起はもろくてしばしば痕跡的、時に外さく歯に付着する。ツヤゴケ属のカラフトツヤゴケやサクラジマツヤゴケに外観がよく似るが、非常に異なることはさくが短くて卵形で、胞子が著しく大きいことである。

分布  日本固有種。本州、四国、九州に分布する。県内では長門市、秋芳町から記録されている。

生育状況 山地の樹上に生育する。

文献  岩月・水谷 1972,1979, 岩月 2001, Noguchi 1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。