> コケ植物 トップページ
 キブリハネゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヒラゴケ科
和名 キブリハネゴケ
学名 Pinnatella makinoi (Borth.) Borth.
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
   

選択理由  石灰岩地にのみに生育する稀産の蘚で、個体数が非常に少なく、環境の変化にきわめて弱い。

形態 大形の蘚で植物体は光沢に乏しく、第二次茎は直立し長さ5〜10cm、中部以上では1〜2回やや羽状に密に枝を出す。新枝は緑色であるが、他の部分は褐色を帯びる。葉は円くつき乾いても展開したままである。第二次茎の中部の葉は長さ2mm前後、卵状の基部から披針形に漸尖し、葉先は鋭く尖り小さな歯がある。基部は短く下延する。中肋は強くて葉頂近くに達する。葉身細胞は楕円形-菱形、長さ6〜13μm、厚膜、平滑、翼部では方形-矩形で小さい。枝葉は小さくて長さ1〜1.5mm。さくは知られていない。

分布  日本では本州(中部地方以西)、四国、九州に分布する。県内では美祢市、秋芳町、美東町、川上村、阿東町、美川町の石灰岩地から記録される。国外では台湾、中国、東南アジアに分布する。

生育状況 日本では石灰岩の岩上に生育する。東南アジアでは樹木の根元に生育する。

文献  岩月・水谷 1972,1979, 岩月 2001, Noguchi 1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。