> コケ植物 トップページ
 レイシゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヒゲゴケ科
和名 レイシゴケ
学名 Myurella sibirica (Mull. Hal.) Reimers
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
美東町
(撮影:塩見 隆行)

選択理由  石灰岩上に生育している小型の蘚です。茎は枝分かれが少なく、しばしば弓状となり先は細く糸状になります。葉は、覆瓦状についており、広い卵形〜卵円形で深く椀状に凹み、先端は急に長く尖ります。葉縁には基部まで鋭い刺があります。中肋は非常に短いかまたは欠きます。葉身細胞は大きく円状菱形で、背面に1個の大きな刺状のパピラがあるので、葉全体がレイシのように見えます。さくは日本では未知です。県内では多くは石灰洞内に生育しています。

選択理由  石灰岩上に生育する稀産種である。

形態 小形な蘚。茎は這い、葉を含めて幅は0.5〜0.7mm、わずかに枝分かれする。枝は長さ10〜15mmで、しばしば弓形となり、先は細く糸状になる。葉は覆瓦状につき広い卵形-円形で長さ0.3〜0.5mm、深く椀状に凹み、先端は急に長く尖る。葉縁には基部まで鋭い刺がある。中肋は非常に短いかまたは欠く。葉身細胞は大きく円状菱形で長さ13〜18μm、背面に各1個の大きな刺状の乳頭がある。葉全体がレイシの実のように見える。雌雄異株。さくは日本で見つかっていない。

分布  日本では北海道、本州、四国、九州に分布する。県内では秋芳町、美東町、福栄村の石灰岩地から記録される。国外では中国、ロシア(シベリア)、カシミール、コーカサス、ヨーロッパ、北米に分布する。

生育状況 石灰洞内の岩上や土上に生育する。

文献  岩月・水谷 1972,1979, 岩月 2001, Noguchi 1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。