> コケ植物 トップページ
 ヒメタチヒラゴケ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ヒラゴケ科
和名 ヒメタチヒラゴケ
学名 Homaliadelphus targionianus
       (Mitt.) Dixon & P. de la Varde var.
rotundatus Nog.
山口県カテゴリー 絶滅危惧I類
環境省カテゴリー 絶滅危惧I類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:塩見 隆行)

選択理由  基本種のタチヒラゴケよりもずっと小さい葉をつけています。茎は横にはい分枝は少ないです。葉は4列に扁平につき、やや光沢があります。形は円形で長さ0.8〜1.0mmの大きさがあります。本種の最も重要な特徴は、葉の基部の後の縁が小舌状となり、耳状に内側に折れ曲がることです。各地のやや乾いた石灰岩壁に見られますが稀産です。

選択理由  石灰岩壁にのみ産する稀産の蘚で、個体数が非常に少なく環境に変化により容易に失われやすい。

形態 植物体は緑色でやや光沢がある。茎は長さ2cmぐらいになり、分枝は少ない。葉は4列に扁平につき、やや光沢がある。形は円形で、長さ0.88〜1.0mm,幅0.7〜0.8mmの大きさがある。本種の最も重要な特徴として、葉の基部の後ろの縁が小舌状となり、耳状に内側に折れ曲がることである。葉縁はほぼ全辺。葉身細胞は長さ20〜30μmm。雌雄異株。本変種はタチヒラゴケに比べかなり小形である。

分布  国内では、本州、四国及び九州に分布し、国外では、中国、ベトナムに分布、県内では秋芳町、美祢市、川上村、福栄村及び美川町の各地の石灰岩地壁に生育する。

生育状況 暖帯域の常葉広葉樹林下の石灰岩上に生育する。

文献  岩月・水谷 1972,1979, 岩月 2001, 環境庁 2000, Noguchi 1989
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。