> 維管束植物 トップページ
 ハマウツボ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ハマウツボ科    
和名 ハマウツボ
学名 Orobanche coerulescens Stephan
山口県カテゴリー 準絶滅危惧種
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
豊北町
(撮影:南 敦)

文献  カワラヨモギ等に寄生する一年生草本。茎は太く花穂とともに10〜35cmです。葉は鱗片状ですが、葉緑素はありません。花は5〜7月、紫色の舌状花を付けた肉穂花序を生じます。熱帯−温帯で海浜のカワラヨモギ等に寄生します。海岸の空き地、疎生地、低草地などに群生します。日本では北海道、本州、九州(日本海側)に分布します。県内の主な生育地としては豊北町、田布施町があります。国外では朝鮮半島、中国(台湾)、ロシア(シベリア)、東ヨーロッパに分布します。近年多産地の豊北町(角島)の海浜では、雑草の草刈りが行われ、カワラヨモギも刈られ、本種も激減していました。
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。