> 維管束植物 トップページ
 カキツバタ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 アヤメ科   
和名 カキツバタ
学名 Iris laevigata Fisch. ex Fisch. et C. A. Mey.
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
徳地町
(撮影:南 敦)

文献  多年生草本。葉は厚く幅広く1〜3cm、中肋はほとんど目立ちません。外花被の基部は中央部だけ黄色で、紫色の横脈はありません。花期は5〜6月(ノハナショウブは6〜7月)ですが、しばしば他の月にも開きます。温帯〜暖帯に分布します。日本では沖縄を除く全土に分布し、県内では美東町、旭村、山口市、熊毛町、柳井市などの記録があります。国外では中国、朝鮮半島に分布します。自然界では水湿地の陸地化、マコモ、ガマ、ヨシなど高草の繁茂などによって衰退が起こっています。水湿地によっては、自然なのか栽培なのか、区別できにくいものもあります。
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。