> 維管束植物 トップページ
 ヒオウギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 アヤメ科   
和名 ヒオウギ
学名 Belamcanda chinensis (L.) DC.
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
秋芳町
(撮影:南 敦)

文献  多年生草本。丈夫な短い地下茎をもち、8〜9月に橙黄色の花を開きます。黒い種子は「ぬば玉」といわれ、万葉集にも歌われています。この原種や改良された品種は庭で多く栽培されています。暖帯−亜熱帯域の火山岩や石灰岩などの岩の間、岩上などに生えています。富栄養化で周囲の草が繁り衰退しています。また、園芸用に盗掘されています。日本では北海道を除いて分布し、県内では阿東町、萩市、山口市、柳井市、上関町、橘町、大島町、東和町の記録があります。国外では中国、インドに分布します。県内の分布は広いのですが、現在ではごくわずかです。
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。