> 維管束植物 トップページ
 カンザブロウノキ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ハイノキ科    
和名 カンザブロウノキ
学名 Symplocos theophrastifolia siebold et Zucc.
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
光市
(撮影:南 敦)

文献  常緑の小高木で高さ3〜5m。8〜9月に白色の小さい花を開きます。葉は乾燥すると黄みを帯びてきます。県内では暖帯下部域で人為の少ない神社林や城山などに、まれに生育しています。成木になるのが大変遅い木で、ほとんど花を見ることがありません。そのため、種子による増殖はまれで、根から幼植物を生じ、母樹を中心とした小群落をつくります。日陰には大変強い木です。日本では本州(静岡県以西)、四国、九州、琉球に分布し、県内では豊北町、山口市、光市、熊毛町、由宇町、岩国市、東和町に記録されています。国外では台湾・中国に分布します。
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。