> 維管束植物 トップページ
 ナガボノシロワレモコウ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 バラ科  
和名 ナガボノシロワレモコウ
学名 Sanguisorba tenuifolia Fisch. ex Link
山口県カテゴリー 絶滅危惧II類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
防府市
(撮影:南 敦)

文献  近縁種のワレモコウに比べ、花穂は円柱形で長く2〜8cmで、はじめ斜上し、やがて横向きになり、最後には垂れ下がります。花は白色で緑色を帯びますが、ときに淡紅色のもの(ナガボノアカワレモコウ)もあります。ワレモコウが主に温帯域の適湿の疎生地や低草地に生育するのに対して、本種は暖帯域や温帯域の湿生草地や湿地に生育します。日本では本州(近畿地方以西)、四国、九州に分布し、県内では豊浦町、防府市、山口市、徳山市、秋穂町の記録があります。国外ではロシアに分布しているようです。生育地が開発されると消滅します。
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。