> 維管束植物 トップページ
 クモラン ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ラン科
和名 クモラン
学名 Taeniophyllum aphyllum (Makino) Makino
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
山口市
(撮影:南 敦)

選択理由  日本の暖帯域に分布するが、県内では生育地が限定されており、個体数も少数で貴重である。園芸採取によって消滅する恐れがある。

形態 多年生無葉着生ラン。気根は平たく灰緑色で平滑、放射状に出て長さ2〜3cm、葉緑素をもち、樹木の幹に張りつている。茎はきわめて短く、葉は生じない。5〜6月に長さ4〜7mmの花茎の先端に淡緑色の花を1〜3個着ける。台湾には花序がやや大きいタイワンクモランがある。

分布  日本では本州(茨城県、岐阜県以南)、四国、九州、琉球に分布する。県内では旭村、山口市、徳地町、徳山市から記録されたが、旭村、山口市のものは現状不明で、恐らく消滅したものと思われる。国外では朝鮮半島、台湾、中国、マレーシア、ヒマラヤに分布する。

生育状況 暖帯域の山地で、樹皮が滑らかな大形低木に着生する。

文献  牧野「新日本」1090. 北村「草本」III63. 佐竹「草本」I232. 大井「植物誌」521. 岡「山口植物」247.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。