> 維管束植物 トップページ
 ヒトツバハギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 トウダイグサ科
和名 ヒトツバハギ
学名 Securinega suffruticosa (Pall.) Rehder var.
japonica (Mull. Arg.) Hurus.
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
光市
(撮影:南 敦)

選択理由  落葉性低木。雌雄異株。花は主に6月ごろ開き淡黄色です。雄花は葉腋に多数束生し、雌花は葉腋に少数着きます。さく果は扁球形で、のちに3裂し3分果になります。琉球列島から台湾には葉が厚く円頭で、通常1m以下のアマミヒトツバハギがあります。県内では、光市の島しょの岩上・路傍、山口市の河川堤防上に生育しています。広島県では帝釈峡一帯(石灰岩地)に多いです。日本では本州、四国、九州に分布します。県内では光市、萩市の記録があります。国外では朝鮮半島に分布しています。生育地は、光市、山口市とも1ヶ所で個体数も少数です。美しい花ではありませんが、栽培は容易です。写真の花は雄株の雄花で、写真の果実は雌株のものです。

選択理由  県内では生育地が限定されており、個体数も少数である。近年自生地では台風による潮害が見られた。

形態 落葉性低木で高さ2mくらいになり、枝は繁生する。雌雄異株。葉は互生、長楕円形で長さ3〜5cm、幅 1.5〜2.5cm、先端は短く尖るか鈍形、全縁で少し波打つ。花は6月ごろ開き淡黄色、雄花は葉腋に多数束生、雌花は葉腋に少数着ける。さく果は長い柄をもち扁球形、径6mm、3本のくびれがあって3裂、内部に6個の種子がある。母種のメヒトツバハギは朝鮮半島、中国、ヒマラヤ、ロシア(アムール、ウスリー、東シベリア)に、アマミヒトツバハギは葉が厚く円頭で琉球列島から台湾に分布する。

分布  日本では本州、四国、九州に分布する。県内では光市、萩市に知られる。国外では朝鮮半島に分布する。

日当たりのよい島嶼岩上、河川堤防上に自生する。

文献  牧野「新日本」364. 北村「木本」I339. 佐竹「木本」I263. 大井「植物誌」943. 岡「山口植物」372.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。