> 維管束植物 トップページ
 キハギ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 マメ科
和名 キハギ
学名 Lespedeza buergeri Miq.
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
柳井市
(撮影:南 敦)

選択理由  落葉性低木。短い地下茎を出してややそう生し、高さ1〜2mです。芽鱗が2列に着き、芽は扁平です。花は淡黄白色に紫紅色が混ざった蝶形花です。県内の野生種で、近縁である他のハギは、芽鱗がらせん状に着き、芽は扁平となりません。また、花序の基部には柄があり、花は紫紅色です。分布は地質と関係があるようです。日本では本州、四国、九州に分布し、県内では柳井市(島しょ部)のみの記録があります。国外では朝鮮半島、中国に分布します。柳井市では、瀬戸内火山岩のうち、紅い岩石(鉄が多い)に生えています。近年、道路工事により、現在約3本残っているだけです。.

選択理由  県内では生育地が1ヶ所と限定され、個体数も少ない。道路造成のため激減し、現在数株が見られるにすぎない。特定の地質を好むようで他県では石灰岩や古成層の地域に、県内では瀬戸内層群(安山岩系)の地域に生育している。植物地理学上きわめて重要な種である。

形態 落葉性低木。短い地下茎を出してやや叢生し、高さ1〜3m。芽鱗は2列に着き、芽は扁平。葉は3出複葉で、小葉は楕円形-長楕円形、長さ2〜4cm、下面に絹毛がある。花序は基部から淡黄白色で旗弁の中央部と翼弁は紫紅色を帯びる花を着ける。近縁のマルバハギ、ツクシハギ、ヤマハギなどは芽鱗はらせん状に着き、芽は扁平とならず、花序の基部には柄があり、花は紫紅色である。

分布  日本では本州、四国、九州に分布する。県内では柳井市からのみ知られる。国外では朝鮮半島、中国に分布する。

生育状況 日当たりのよい山野に生じ、瀬戸内層群では赤い岩石の部分に生育する。

参考文献  牧野「新日本」334. 北村「草本」II98. 佐竹「草本」II205. 大井「植物誌」893.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。