> 維管束植物 トップページ
 イワレンゲ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ベンケイソウ科
和名 イワレンゲ
学名 Orostachys iwarenge (Makino) H. Hara
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー 絶滅危惧IB類
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
上関町
(撮影:南 敦)

選択理由  1〜数年生草本。生育がよいと2年目に開花し、枯れます。葉は白緑色。10〜11月ごろ高さ5〜20cmの花茎を出し、白色花を穂状に密生します。花弁は白色、裂開直前の葯は黄色〜汚淡紅色です。近縁のアオノイワレンゲの葉は緑色、裂開直前の葯は濃赤紫色で、九州北部にもあるといわれています。県内では岩上、断崖、石垣、屋根などに生育していますが、食害する虫のいないことが重要です。日本固有種で、本州、四国、九州に分布します。県内では下関市、上関町に記録がありますが、下関市では最近見つかっていません。上関町では今も人家の周囲、石垣などに少数本が生き残っています。

選択理由  県内では生育地が限定されており、園芸採取などで個体数も少数である。場所によっては自生か栽培品から逸出したものか不明の場合がある。

形態 多年生草本。ロゼット葉は倒卵形、長さ2〜6cm、鈍頭-円頭、帯白緑色。9〜11月ごろ高さ10〜25cmの花茎を出し、下部に葉を、上部に花を穂状に密生する。花弁は白色、裂開直前の葯は黄色-汚淡紅色。近縁のアオノイワレンゲは葉は緑色、裂開直前の葯は濃赤紫色。しかし、イワレンゲとの関係は微妙である。ゲンカイイワレンゲといわれるものとの関係も微妙である。

分布  日本の本州(関東地方以西)、四国、九州に分布する。県内では下関市、上関町から知られる。下関市のものは激減している。

生育状況 海岸の岩上、断崖、石垣、人家の屋根などに生育する。周辺の植物が繁茂すると衰退する。

文献  牧野「新日本」233. 北村「草本」II159. 佐竹「草本」II149. 大井「植物誌」788. 岡「山口植物」320.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。