> 維管束植物 トップページ
 コウラボシ ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ウラボシ科
和名 コウラボシ
学名 Lepisorus uchiyamae (Makino) H. Ito
山口県カテゴリー 絶滅危惧IB類
環境省カテゴリー
   
  画像をクリックすると拡大表示されます
クリックすると別ウィンドウで拡大表示
上関町
(撮影:南 敦)

選択理由  常緑多年草。近縁のノキシノブに酷似していますが、葉は少し薄いので、通常やや波打っています。胞子のう群を覆う盾状の鱗片は、卵状三角形−線状披針形です。上関町の種は、瀬戸内火山岩の石垣の間にごく稀に生育しています。一部分は道路工事でなくなり、他は乾燥で枯死、今は数本しか生存していません。写真は乾燥のため、少し葉を巻いた状態のものです。日本固有種で、本州(東海地方、近畿地方、広島県、山口県)、四国、九州に分布し、県内では上関町、岩国市の記録があります。北限線の一画をなすもので、大変貴重です。

選択理由  県内の生育地は北限線の一画をなすもので、生育地も限定されており、個体数も少数で、分布上貴重である。

形態 常緑多年草。根茎の鱗片は狭披針形-線形で、縁に不規則に長い突起があり、全体がほぼ透明である。胞子のう群に着く鱗片は卵状披針形、縁に突起がある。類似種のノキシノブでは根茎の鱗片は中央部が黒褐色で周辺がほぼ透明になり、胞子のう群の鱗片は舟形をしているので区別できる。

分布  日本特産種。本州(東海地方、近畿地方、広島県、山口県)、四国、九州に分布する。県内では上関町、岩国市から知られる。

生育状況 海岸や山麓の日当たりのよい岩上、道路近くの石垣などに群生する。

文献  牧野「新日本」1165. 岩槻「シダ」265. 中池「新シダ」671.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。