> 維管束植物 トップページ
 ツリシュスラン ほ乳類鳥類両生類・は虫類淡水産魚類甲殻類その他動物昆虫類・クモ類陸・淡水産貝類維管束植物コケ植物

| トップページ | RDBとは | 刊行にあたって | 野生生物目録 | RDBカテゴリー | 詳細検索 | 地図情報 |
もどる
科名 ラン科
和名 ツリシュスラン
学名 Goodyera pendula Maxim.
山口県カテゴリー 絶滅危惧IA類
環境省カテゴリー
   
   

選択理由  深山生の希少種、花は地味であるが草姿を楽しむため園芸採取され、全国的に減少している。県内でも生育地がきわめて限定されており、個体数もごく少数で消滅の恐れがある。

形態 多年生着生ラン。茎は下垂し長さ10〜20cm、葉は互生、広披針形、多くは縁がちぢれ緑色、長さ2〜4cmとなる。花は7〜8月ごろ、茎の先端に多数密に着いて、開花とともに花部だけが立ち上がり、小形、汚白色、多細胞の腺毛を散生する。垂れ下がった姿に特長がある。

分布  日本の北海道、本州、四国、九州に分布する。県内では錦町にのみ記録される。

生育状況 南西日本では暖帯上部(クリ帯)に、日本海側では温帯(ブナ帯)域に生育する傾向がある。深山の湿った森林内の樹幹や岩上の着生シダやコケの間に着生する。

文献  牧野「新日本」1078. 北村「草本」III38. 佐竹「草本」I211. 大井「植物誌」492.
  参考文献一覧へ
もどる
| ほ乳類 | 鳥類 | 両生類・は虫類 | 淡水産魚類 | 甲殻類 |
| その他動物 | 昆虫類・クモ類 | 陸・淡水産貝類 | 維管束植物 | コケ類 |

トップページ




本サイトの著作権は、山口県が所有します。
サイト上に掲載の画像・文章等の無断転載を禁じます。